拡張ラボ管理ソリューション

品質管理が容易に:ELMS は試験の場所を問わず、不確実性を排除します。

外部ラボ管理および試験の拡張ソリューション

拡張されたアッセイのメニュー

  • ラボコープがもつ広範な高難度試験ラボネットワークへのアクセス:選べるアッセイは 3000 以上で、すべて治験への使用が認められています。

  • 世界各地のラボを自由に選択:選択肢を世界に広げます。

より高まる自信

  • データの品質に関する不確定性および規制のリスクを軽減

  • 主要評価指標をモニタリングし、高品質のデータを期限内に提出

高まる価値

  • コーヴァンス / ラボコープのラボを使用すれば管理費の削減に

  • 社内の貴重なリソースを節約:当社の拡張性を利用して時間とコストをカット

コーヴァンスのラボ管理拡張サービスで使用するラボ検査キットの写真。

専門的な試験のニーズと品質のバランスに対する懸念

バイオマーカー検査の件数が増えるにつれ、外部ラボを利用するケースが多くなっています。適切な外部ラボを選んで管理し、高品質で組み合わせ可能なデータを得るための最善な方法とは何でしょうか。また、利用するラボが ISO 15189:2012 規格を満たすよう管理されているかも問題です。ラボコープの高難度試験ネットワーク内、または世界中の他のラボ内のいずれで試験を行う場合でも、当社の ELMS ソリューションを利用すれば、質の高い実用的なデータを管理することができます。

当社の有する最大の治験認定ラボのネットワークがお客様のプログラムをサポート

ラボコープ・スペシャルティ・テスティング・グループは、治験を実施するうえでお客様が抱えるニーズのほぼすべてに対応することができます。このグループは、複数の専門ラボが独特に組み合わさったもので、個々のラボが高難度試験を実施する機能と専門知識を独自に持っており、全体で提供するアッセイ数は 3000 を上回ります。これらのラボを利用することで、ELMS の設定や継続的な管理コストを削減することができます。  ラボコープのネットワーク外で試験を実施する場合でも、当社が提供する効率と拡張性の経済効果により、自社で行なう場合と比較して 50% 以上のコストを節約可能です。ELMS は、サンプル試験の場所を問わず、ラボのパフォーマンスを管理し、データの質を保証します。

外部ラボ管理サービス - コーヴァンス

試験をネットワーク外で実施することに対する不安

当社では厳正な RFP プロセスを通じて、お客様のニーズに最も適したラボを確保します。そして厳しいパフォーマンス基準と綿密なレポーティング計画を守り、お客様に絶えず報告を行います。確かに所要時間は長くなります。しかし、報告に使用できる一貫した高品質なデータを得ることができるのです。

外部ラボ管理サービス - コーヴァンス

  

ROI を向上し、ラボ管理のコストと時間を節約

当社のサービスにはスケールメリットがあります。業界最大のセントラルラボ数を誇る当社では、実施する試験の数も他社を圧倒的に凌ぎます。試験の管理を当社にお任せいだたくことで時間とコストを削減し、創薬という主要業務への取り組みに力を注ぐことができます。お客様に代わり、当社のチームが有利な価格を目指して交渉に臨みます。また、当社はラボ管理のあらゆる場面でお客様のパートナーとなり、お客様ができるだけ得意分野に時間を費やせるようお手伝いします。

外部ラボ管理サービス - コーヴァンス

ELMS によって不適切なバリデーションやラボの失敗といった問題を明らかにし、これを修正することで、方法論の変更を開示した実際のケーススタディをご覧ください。