ゲノミクスサービス

当社が展開するグローバルなネットワークで、ゲノミクスに関するさまざまな統合サービスをご活用ください。

ゲノミクスの包括的な専門ノウハウが、結果の取得を迅速化します。

  • 複雑な生物学上の課題を柔軟なプラットフォームで解決

  • 新しい探索的研究を徹底的にサポート

  • 互いに関連しあう専門性を活用して、より豊かな科学の追求を

ゲノミクスのラボで作業をしているコーヴァンス ゲノミクス担当科学者の写真。
お客様のニーズ

創薬からコンパニオン診断まで、ゲノミクスのありとあらゆるサービスを網羅

ゲノミクス技術が医薬品開発へと引き継がれていく中で必要となるのは、サンプルを実用的なデータへと変えることのできる実績とグローバルな能力をもつパートナーです。ゲノムサービスのパイオニアとして、当社は確立したリーダーシップを発揮し、最先端の革新技術をお客様に提供してきました。探索的試験からバイオマーカー開発、臨床検査、コンパニオン診断に至るまで、当社ではグローバルに統合されたゲノミクスラボを通じて合理的なソリューションをご用意しています。お客様とともにデータの変動を抑えて科学の継続性を高め、結果データに対して踏み込んだ解明を行います。

包括的なゲノミクス関連専門サービスを世界中でご利用いただけます。

世界各地のコーヴァンス ゲノミクスソリューションと専門サービス

成功実績をもつ専門家のアドバイス

ゲノミクス研究を進めていくうえで肝心なのが専門ノウハウです。当社は、新しいアプローチの開発と申請用のデータの提供に 20 年以上携わってきました。当社の科学者は最新のテクノロジーを用いて、お客様が要件を満たし研究を前進させるのに最も適したアッセイとプラットフォームを選べるようお手伝いします。遺伝子発現から microRNA、ジェノタイピング、薬理ゲノミクスアッセイ、次世代シーケンシングまでプログラムの要件に柔軟に対応できる多様な経験を有しており、お客様のサンプルの処理・分析を安心しておまかせいただけます。 

革新的なゲノミクスソリューションが結果の原動力

高い処理能力とサンプルの迅速な並行処理に定評のある当社はまた、新興バイオテクノロジー企業と大手製薬会社向けのサンプルタイプやゲノミクスの複雑な問題解決においてもしっかりとした実績があります。豊富な経験を生かすことで、多種多様な種を対象に FFPE、RNAlater®、PAXgene®を含む 40 種以上のサンプル抽出を行い、お客様の前臨床および臨床試験双方の柔軟性を最大限に高めます。細胞の多様性を解明する新しいアプローチ、Immuno-Oncology における応用的取り組み、複数の技法を用いた結果データの確認・検証業務に加え、当社は、お客様がどのような複雑な試験でもやり通せるようサポートし、研究を前進させます。

コーヴァンスのサービス

結果を改善するチャンス

ゲノムへの対応力とセントラルラボサービスの利便性を組み合わせると、柔軟で目的にかなった力強いソリューションになります。ラボコープ・スペシャルティ・テスティング・グループもしくは Center for Molecular Biology and Pathology などの同社主要施設で行われる特殊なアッセイ開発やバリデーションから、当社グローバルセントラルラボ間の治験サポートまで、世界のどこからでも信頼できる結果が出せるよう広範なゲノミクス対応拠点と実績あるプラットフォームを提供します。

専門的な手法や高スループット処理など、お客様が何を必要とされていても、当社はお客様と協業してプロジェクトの要件を満たす最善のソリューションを見つけます。 

コアゲノムサービス 次世代シークエンシング バイオマーカー翻訳 計算生物学
  • 遺伝子発現プロファイリング
  • SNP ジェノタイピング
  • miRNA プロファイリング
  • メチル化
  • 遺伝子発現
  • 突然変異解析
  • RNA シークエンシング
  • エクソームシークエンシング
  • サンガーシークエンシング
  • miRNA
  • メチル化
  • ヒト全ゲノムシークエンシング
  • アッセイ開発
  • 分析的検証
  • 臨床資格
  • データ品質管理
  • バイオマーカー発見

データ、そしてそれ以上のもの。

ゲノム変異やバイオマーカーの発見、遺伝子異常の特定において、得られた正確なデータには信頼のおける、豊富な経験に基づいた解釈も加えられなければなりません。当社では計算処理の専門家が一丸となり、生物情報学による分析を応用してお客様の結果の検証を行い、データを実用的な洞察へと変えていきます。

重要な連携づくり

ゲノム技術が研究の成果にますます貢献するようになり、治療薬として効果が認められるものの数が増えている今、専門分野を多数取り入れた連携が科学的究明を進めていくうえで重要になっています。当社は、業界をリードする癌治療施設や学術研究機関、新興製薬企業と複雑な課題に対応するための連携を築いてきました。300 件の査読誌にも取り上げられているように、当社の幅広い連携の実績はお客様の結果を変えることが可能です。