Xcellerate® モニタリング

研究の価値を高める独自のリスクベースモニタリング プログラムがリスクを事前に特定し、予防・管理に努めます。

リスクに対する革新的なアプローチ

  • Xcellerate® Clinical Trial Optimization®スイート の総合力を活用

  • 包括的なモニタリングソリューションがリスクを特定・低減

  • 情報に基づいて判断を下し、結果に至るまでの時間を短縮

臨床情報を追跡するソフトウェア、コーヴァンス Xcellerate® モニタリングの画像。
お客様のニーズ

受け身ではなく、プロアクティブに。

リスクベースモニタリングは、データエラーの特定にソースデータ検証 (SDV) 以外の情報を必要とします。当社のアプローチは、クオリティ・バイ・デザインの概念のもと、品質とデザインに関わるリスクを研究の計画段階で組み込むことを基本としています。Xcellerate モニタリングは、医療評価、データ評価、統計モニタリングを網羅しており、広い視野と柔軟な思考力で臨床データを捉えます。Xcellerate Clinical Trial Optimization スイートの一部として、プロアクティブに患者さんの安全を守り、データ品質を高めるほか、治験に関わるコストを削減し、時間や複雑性、リスクを軽減します。

一元管理された治験データ

ひとつのテクノロジープラットフォームが、最新のパフォーマンス状況やリスク要因を知るためのほぼリアルタイムの評価を可能にします。当社は一貫したプロセスと実践を取り入れ、あらゆる規模のバイオ医薬品企業を対象に施設のモニタリング計画やリソースの適所への再配置を支援するとともに、こうした企業が品質面で結果につながるデータに集中できるようサポートします。 

リアルタイムの対応

Xcellerate モニタリングで重視しているのは、治験のパフォーマンスに影響が出る前に問題を特定することです。Xcellerate 治験管理システムと Xcellerate インサイトは、完全集中型モニタリングを現場のモニタリングと統合した当社のリスクベースモニタリング ソリューションで、お客様が常に情報に基づいて重要な判断ができるようデザインされています。総合的なデータ最新動向を用いた徹底的なリスク対策が、研究全体と全ポートフォリオで可能になります。 

コーヴァンスのサービス

利益を最大限に引き出す

Xcellerate モニタリングと Xcellerate インフォマティクスプラットフォームを組み合わせることで、パフォーマンスの最も高い施設を見極め、最大限の利益が生まれる体制にリソースを配置することができます。施設のリスクプロファイル状況に応じた規模の拡大・縮小、適応といった柔軟性ができるとともに、データの品質を高く保ちながら目的に応じた節約型のデザインを作ることができます。

リスクの可視化と優先順位の決定

共同作業型ワークスペースを持つ Xcellerate モニタリングは、直観的で強力なユーザーインターフェースを通してリスクを素早く正確に特定しやすくなっています。重大なプロトコル逸脱から個々の外れ値まで、問題の認識というだけでなく、その軽減やエスカレーション、臨床開発モニター (CRS) との即時連携など、データに基づいた行動をとることもできるようになります。警告通知と組み込み型の評価ワークフローの組み合わせによって生まれた、リスクベースモニタリングの新しい域とも言える効率性を体験しつつ、全面的な Clinical Trial Optimization を実現することができます。