毒性学におけるリードオプティマイゼーション (Non-GLP)

リードオプティマイゼーション毒性学への統合的アプローチにより、最も有望な化合物のみを提案します。

最適な候補の開発を推進。

  • 統合されたリードオプティマイゼーション毒性学ソリューションによりスケジュールを 40 日まで短縮

  • さまざまな分野にわたる専門家チームと協力して適切な研究デザインを作成

  • さまざまな課題をいち早く予測して対応し、よりよい意思決定を実現

リードオプティマイゼーション毒性評価関連サービスで使用する試験管の写真。
お客様のニーズ

技術的成功の可能性を向上

非臨床プロセスにおいて毒性学研究が必要となることはすでに知られています。ではどれだけ早い段階が望ましいのでしょうか。その答えは、「早ければ早いほどよい」のです。In vivo 作業と並行して non-GLP 毒性学試験を開始することにより、後のフェーズで分子の摩耗が半分に減ります。また、当社のソリューションを利用すると研究前後に要する時間が短くなるため、スケジュールが 40 日まで短縮され、最適な候補をより迅速に特定することができるようになります。

新しい化合物には新しいアプローチを

開発を進める際には、当社をパートナーとしてご活用ください。当社は、複数の検体について柔軟なデザインオプションを提供し、分離する最も重要な変数を特定できるようお客様を支援します。また、当社の薬理学者と病理学者の統合チームが、適切な研究ソリューションを見つけるお手伝いをいたします。

予期せぬ事態を予測し、対応

非臨床では、後のフェーズで作業を頓挫させるような不測の事態が起こりがちです。当社は、その統合アプローチにより、お客様が課題を科学的に予測し、それらに素早く対応できるようサポートします。また、薬理学、画像化、および病理学をお客様の毒性学研究と統合することで、より早い段階において、よりリーズナブルな価格で、問題を積極的に解決することが可能になります。

Non-GLP 毒性学研究のメリット

Non-GLP 毒性をリードオプティマイゼーション - コーヴァンス
コーヴァンスのサービス

当社の統合チームとともに、より早い段階で、より的確な判断を

さまざまな分野の専門家で構成される当社のチームは早期に課題を予測し、対応する体制を整えているため、お客様は十分な情報に基づいた決定を下すことができます。以下をはじめとするサービスを提供しています。