非臨床病理学サービス

優れた洞察は、より的確な判断につながります。当社の解釈的な統合病理学サービスを利用することで、自信を持って試験を進めることができます。

統合から解釈まで。獣医病理学サービス。

  • 経験豊富で資格を持ち、薬剤関連の経歴もある獣医病理学者がお客様の試験チームに参加

  • GLP および Non-GLP の剖検、組織学、臨床病理学、組織病理学のサービス

  • 統合的アプローチが結果までの工程をより迅速かつ効果的に進め、ROI を向上します。

モニターの前に立つコーヴァンス非臨床病理学サイエンティストの写真
お客様のニーズ

統合的、解釈的、実用的な質の高いデータ。

病理学はお客様の研究を支える最も重要な要素のひとつです。病理学的な結果は文書化され、解釈されます。洞察や推奨はお客様の意思決定を助けるものです。当社チームは、全段階にわたって確かなデータ解釈や質の高い洞察、実用化のソリューションを提供します。開発工程の進行作業をより簡潔にし、お客様を成功へと導くことが当社の目標です。

より迅速かつ効率的なルート。

当社の獣医病理学者チームがお客様の試験に参加し、効率の最大化とより優れた洞察をもたらします。このサービスを通じてお客様は、関連する毒性プロフィールに造詣が深い専門の試験チームを、複数の研究フェーズに組み込むことができます。プロジェクトの立ち上げにかかる時間の短縮と、早期の推奨提案が、後の工程のための貴重な時間の節約を支援。結果、リソースを無駄にすることなく試験やプログラムを予定通りに完遂できます。研究責任者や他の提携科学者との頻繁な連携を通じて、高度に統合されたレポートや、今後の研究デザインに関する重要な改訂点の提案を受け取ることができます。

目の前の試験を超えた視点からの洞察。

分子の工程において、非臨床は不可欠なフェーズであることを当社は理解しています。しかしそれもまた、重要度がますます高まる一連のエンドポイントのひとつにすぎません。当社に属するプロジェクト病理学者は自信を持って、お客様の研究を全工程にわたりサポートします。

コーヴァンスのサービス

グローバル規模の比類ないサービスの数々と、ワールドクラスの専門性をお確かめください。

世界の 7 拠点から当社がお客様に提供するサービスをご覧ください:

  • 毒性病理学
    • Non-GLP リードオプティマイゼーション試験
    • 非臨床における GLP 試験
    • 組織学(パラフィン、凍結、またはプラスチック)
    • 免疫組織化学および組織化学的染色
    • デジタル病理
    • 形態計測
    • 神経病理学
    • 眼科病理学
  • 有効性研究
    • 疾患の動物モデル
  • 発生および生殖毒性学 (DART) ならびに病理学
  • 超微構造病理学
  • 統合解釈 / リスク評価
  • 解剖病理学および臨床病理学のコンサルテーションと専門家による評価
  • 専門家の意見書/レポート
  • 科学と規制に関するリーダーシップ
  • 病理学研究グループ
  • 解剖および組織学
    • 所定あるいは特殊な組織採取 / トリミングのパラダイム
  • GLP 組織の交差反応
  • 標本全体のスライドデジタル画像化 (Aperio®)
  • 幅広い臨床病理学/バイオマーカーサービス
    • 標準あるいは特殊なバイオマーカー
    • 血液学、臨床化学、凝固、尿検査
    • 骨髄分析を含む顕微鏡検査