遺伝毒性学研究

30 年以上にわたり、当社は幅広い業界と提携して、遺伝子損傷の可能性評価や化合物における遺伝毒性不純物の特定を成功させてきました。

リスクの評価は当社の DNA の中にあります。

  • 当社の優秀なグローバル拠点から、100 名を超える科学者が遺伝毒性評価関連サービスを提供します

  • 最新のガイドラインに基づいた最先端の GLP 研究デザイン

  • 数多くの非標準的な研究アッセイに関する幅広い経験

遺伝毒性学の DNA 螺旋を表す紫色の螺旋の画像。
お客様のニーズ

お客様の目標達成をサポート。

医薬品や化学薬品の遺伝毒性評価の過程は、旅のようなものです。独自の視点でより優れた決断をより迅速に行うことで、時間やリソースを節約できます。当社のチームは、ICH M7 や新しい OECD ガイドラインの草案に対応できるようお客様を支援します。また、小核の動原体分析、3D 皮膚モデル、In vivo コメット、遺伝子組み換え Muta™Mouse アッセイなどのソリューションを提供します。当社はこれら独自のソリューションにより、他のほとんどの CRO では実現できない、お客様の分子に関する遺伝学的な洞察の獲得をサポートします。

お客様のニーズに合わせてカスタマイズされたグローバルソリューション

ワールドクラスの当社施設では、世界的に高い評価を得ている遺伝毒性評価関連サービスをご利用いただけることをご存知ですか。当社は、遺伝毒性学専用の中核研究拠点をインディアナ州グリーンフィールド、英国のハロゲート、フランスのポルシュヴィルに有しています。遺伝毒性学分野で 20 年以上の経験を持つ多くの研究責任者を含む、100 名を超える遺伝毒性学の専門家で構成されるチームがお客様のパートナーとなります。そしてお客様とともに、遺伝毒性の潜在的リスクをより明確に把握します。
 
以下に、ICH や OECD の要件を満たす試験の標準バッテリーの一部をご紹介します。
 
In vitro アッセイ

  • エームス試験、哺乳類の遺伝子突然変異(マウスリンフォーマ試験)
  • 染色体異常(ヒトリンパ球および CHO 細胞)
  • 小核(ヒトリンパ球および細胞株)

In vivo アッセイ  

  • げっ歯類の骨髄小核および染色体異常
  • コメットおよびコンビネーション(小核およびコメット)

特殊なアッセイによる特殊な洞察

当社は非標準アッセイも専門としています。このためお客様は、創薬または開発のフェーズで生じる問題をより的確に理解することが可能になります。これらの研究アッセイを用いることで、開発の進行に伴い生じるリード候補の問題に素早く対応し、解決することができます。

コーヴァンスのサービス

経験豊かなチームが遺伝的リスクの評価をサポート

遺伝的リスクの評価を専門とする毒物学者らで構成される多様性に富んだ大規模なチームが、お客様のパートナーとして、規制要件を満たすアッセイ、低コストのスクリーニング試験、またはきわめて効率的なマルチエンドポイントアッセイなど、お客様のさまざまなニーズに対応します。当社の主なサービスは以下のとおりです。