糖尿病性心不全の疫学を探る

2型糖尿病 (T2D) と心不全 (HF) はどちらも増加する一方で、今や「蔓延」の域に達しようとしています。心不全 コーヴァンス これは双方の疾患が生理学的に関係していることを考えればまったく不思議ではありません。どちらも高齢者に多く、不摂生な食事や座ったままで動くことの少ないライフスタイルなどが関係しています。 しかし、本質的な糖尿病性心筋症の存在や、糖尿病で心不全が多発するケースが一般的な併発状態(冠動脈疾患や動脈高血圧症)によるものなのかといった点をめぐっては、未だに議論が続いており、 いずれにせよ双方の疫学は平行線をたどっています。米国では現在、65 歳以上の患者様の退院時の診断として心不全が最も多く、この年齢層の約 25% が T2D を抱えています。

続きを読む

Meet Me in 5:コーヴァンスでキャリアを伸ばす

従業員にやりがいのある目標を与え、優れた潜在能力を引き出すコーヴァンス。この 「Meet Me in 5」シリーズではその優れた人材育成について、5人の人物紹介、トピック、質問などを通じて説明します。

今回の Meet Me in 5 には経営陣のメンバーが登場し、コーヴァンスでキャリアを築いた中での経験を語ります。

続きを読む

嵐の前の静けさ:自然災害時に検体を守るための準備

災害発生時、輸送中の患者様の検体の安全を左右するのは、 ハリケーンの画像 コーヴァンスブログ事前に立てられた緊急時対策計画です。災害には地震、竜巻、火山の噴火など、突然発生するものが数多くある一方、最近の一連の大型ハリケーンや台風などのように、時間をかけてやってくるものもあります。

この後者の自然事象が発生したときに、舞台裏で緊急事態に備えるのがコーヴァンスのグローバルロジスティクスチームです。常勤スタッフ 25 名以上を抱えるこのチームは、患者様の検体が保存安定性期間内にラボに届けられるよう輸送状況を監視し、運送業者との連絡を取り合いながらすべての重要業務の監督を行います。緊急時のデータを入れても、輸送障害が検体に与える影響は全体の 0.1% とごくわずかです。 続きを読む

中等度から重度の RA 患者様の治療における生物学的療法の地域的な普及と償還モデル

関節リウマチ(RA)は、主に筋骨格系に影響をおよぼす自己免疫疾患で、典型的な症状として関節の腫れや痛み、こわばり、機能低下などがあり、
治療しなければ最終的に身体障害を引き起こす場合もあります。 また、RA は疲労やうつ病など全身に大きく作用することもあり、多くの患者さんにとって、RA 患者様生活の質に明確に影響します。有病率は 0.3~1.0% で、男性より女性に多く、また先進国でより多く見られます。1

現代の RA 治療パラダイム(例:「目標達成に向けた治療(treat to target)」では、寛解や疾患活動性の低下に重点を置くことで関節の損傷や障害を最小限に抑えます。主な炎症性メディエーター(TNF アルファ、IL-1、IL-6)や細胞、および B 細胞や T 細胞の副刺激経路など適応免疫系の活性化経路を標的とする生物学的製剤は、RA やその他多くの免疫介在性炎症性疾患(IMID)の治療を大きく変革するとともに、メトトレキサートなど初期段階の疾患修飾抗リウマチ薬(DMARD)がターゲット目標の達成に効果がない場合の手段として、一般的な治療パラダイム2,3 に急速に導入されています。 続きを読む

糖尿病性腎疾患研究における心血管系エンドポイントの判定

糖尿病性腎疾患 (DKD) の患者さんは、 糖尿病性腎疾患 コーヴァンスブログ末期腎疾患へ進行するリスクに加え、循環器 (CV) に関するリスクが高くなります。FDA や他の規制機関は、CV と腎臓について開発中の化合物の安全性と有効性に大きな関心を寄せており、製薬企業は DKD 治療薬開発計画の早い段階で CV イベントの可能性を判定できる、適切なアプローチの採用を検討する必要があります。

現在の規制の観点との適応

規制の観点から見ると、2 型糖尿病治療薬の開発において、CV と腎臓の両方のリスクが大変重視されています。1 その一方、臨床的に明らかな DKD のエンドポイントについては具体的な指針が定められていません。 続きを読む

RA における疾患改善の新たな作用機序

関節リウマチ(RA)は、主に筋骨格系に影響をおよぼす自己免疫疾患で、典型的な症状として関節の腫れや痛み、こわばり、機能低下などがあり、治療しなければ最終的に身体障害を引き起こす場合もあります。また、RA は疲労やうつ病など全身に大きく作用することもあり、多くの患者さんにとって、生活の質に明確に影響します。有病率は 0.3~1.0% で、男性より女性に多く、また先進国でより多く見られます。1

関節リウマチ
続きを読む

TDAR アッセイによる In Vivo 評価および検査

免疫系は、細菌、ウイルス、化学薬品、異質細胞、異組織といった異物や生物学的製剤に対する体の主要な防御機能です。免疫反応にはリンパ球(白血球の一種)の特定の作用を含み、好中球、単球、マクロファージ、好酸球、好塩基球といった他の白血球によって促進されます。免疫系とは、負の反応によって制御されるシステムとも言えます。つまり、通常は自己調整によって異常や侵入の影響を抑える働きをします。免疫 コーヴァンスブログ 続きを読む

腎損傷の特定に前臨床バイオマーカーを応用

腎臓病の新薬の特定は今も医薬品開発における課題です。男性の腎臓の画像 コーヴァンスブログこの課題には、新しい生化学的測定基準(バイオマーカー)の確立も含まれます。それらは、腎臓の健康状態や腎機能に伴うあらゆる変化を、敏感かつ精密に反映することが求められます。スポンサーらは、前臨床でのバイオマーカーの応用を向上し、より確実な情報をもって早期段階の安全性試験や下流の治験に取り組めるよう、多くの選択肢を模索しています。

トランスレーショナルバイオマーカーソリューション ラボのアソシエイトディレクターを務める Katherine Landschulz 博士と、獣医病理学者の Laura Boone 獣医学博士は先日、コーヴァンスで行った腎疾患研究の経験について語りました。医薬品開発の安全性を予測しトランスレーショナル医療を推し進めるため、前臨床試験においてバイオマーカーがどのように使われているかについて洞察を述べています。

続きを読む

糖尿病性腎疾患の進行に関する臨床バイオマーカーの現状

世界の 1 型および 2 型糖尿病の患者さん 4 億 2,200 万人のうち、20~30% が 糖尿病性腎症もしくは糖尿病性腎疾患(DKD)を発症するとされ、欧米ではこれが腎不全の主な原因となっています1

医薬品開発者の観点から見ると、この深刻な合併症の予防、治療、または回復のための新しい治療法の試験には、患者様を適時かつ正確に特定するバイオマーカーと、有効性または安全性の監視が必要となります。

ラボコープの医療ディレクターである Jennifer Ennis 医師と、同じくラボコープのエグゼクティブダイレクター D. Walt Chandler 博士がこのほど、DKD の検出と監視に関する今日のバイオマーカーについて意見を交換しました。

続きを読む

糖尿病性腎疾患治療の規制コースのチャート化

糖尿病の発症が増えるにつれて糖尿病性腎疾患 (DKD) も増え、1 型と 2 型両方の糖尿病の合併症も多くなっています。糖尿病性腎症は末期の腎疾患に至る最大の原因で、世界的な健康負担と有症率の増加にも関わらず、糖尿病性腎疾患の治療薬開発には明確な規制ガイドラインが設けられていません。

糖尿病性腎疾患治療 続きを読む