Xcellerate プロトコルデザインツール

Xcellerate® プロトコルデザインツールは、世界最大規模のラボ結果を集約したソースから得られる非特定の診断データが活用できる、業界唯一の分析ツールです。計 1 億 5,000 万人以上、5,000 件を超えるアッセイから得られた 300 億以上の診断試験データを網羅し、リクルートの成功の可能性を高めます。​​​​​​​

リクルートの効率を上げて治験参加者を確保するため、Xcellerate プロトコルデザインツールは、研究の条件に合った人数を正確に割り出し、そのデータをモデル化して適性を満たす患者様集団の最大化を図ります。さらに、あらかじめ設定された適格基準に沿った被験者集団の場所を、ピンポイントで特定することができます。

リクルートの遅れにつながるプロトコルの欠点を認識することは、研究を成功させるカギです。適切な認識があれば、欠点を取り除いたり、それらを踏まえて計画を立てることができます。Xcellerate プロトコルデザインツールを利用すれば、デザイン上の疑問に答え、患者様集団の規模や受け入れ基準データ(年齢、検査結果範囲、共存症、ゲノム情報など)の影響を判断することができます。それから調整を経て、リクルート目標の達成の見込みを高めることが可能です。Xcellerate プロトコルデザインツールは、患者様リクルートの迅速化に貢献してきました。 

プロトコルの受け入れ基準が患者様集団に適用され、一致した患者様の所在地がマップ上に表示されます。

プロトコルの受け入れ基準が患者様集団に適用され、一致した患者様の所在地がマップ上に表示されます。

  • 予測可能:研究の条件に合った人数を正確にモデル化
  • 効率的:検査結果、人口統計、診断コードをもとに対象となる患者様集団の場所を特定してリクルートを迅速化
  • 効果的:対象の患者様集団を最大限に拡大し、その場所をピンポイントで特定します。長期的に患者様集団をモニタリングすることも可能です。
  • 正確:ラボコープの非特定診断データへのアクセスを活用すれば、エンドポイントを維持したまま患者様集団を最大限に拡大できます。
  • タイムリー:処理時間の短縮を図り、複数のシナリオを検証
  • 優れたデザイン:患者様集団の規模への影響とスクリーニングの不適格率を効率的に評価し、サンプルサイズの算出を確定します。
施設のアクティベーションから最後の患者様を受け入れるまで
オンコロジーのリクルート率
オンコロジーのスクリーニング不適格率
循環器系の患者様の密度