データを強化

コーヴァンスは現行の業務、臨床データの標準化を促進する目的で、前臨床および臨床開発のための最先端のデータウェアハウスを設営しました。このウェアハウスは交差試験の解析や橋渡し研究の土台となり、完全なエンドツーエンドの臨床データ管理および統合を可能にします。

データハブの図

Xcellerate業務データウェアハウスは一つあるいは複数の治験から業務データを集計し、どのようなソースシステムからのデータでも、整合性と安全性を確保しながら現行業務データの標準化を助けます。

グラフを手にする人の写真

一つ、もしくは複数の臨床データを集計する新しいソリューションの一つ、Xcellerate臨床データウェアハウスは、膨大な量の臨床患者データの統合とマッピングを、ソースシステムから素早く確実に、そしてコストを低く抑えながら可能にします。