Xcellerate 臨床データウェアハウス

複数の治験内から臨床データを集計する新しいソリューションとして、Xcellerate®臨床データウェアハウスはソースシステムから大容量の臨床患者データを迅速、確実、かつ妥当なコストで、統合、マッピングすることを可能にします。

治験でのリアルタイムのモニタリング、高度に拡張可能なデータローディング、そして照会機能のロバストな土台としてデザインされたXcellerate臨床データウェアハウスは、医療、統計、データーのレビューや、安全信号検知および解析、レポートのニーズを柔軟にサポートします。すべての患者データは近代的なNoSQLアーキテクチャに保存され、異なる治験間の分析や橋渡し研究における理想的なフレームワークを形成します。

治験のデータが急激に増加するにあたり、治験依頼者はデータレポジトリ数を簡素化し、完全なエンドツーエンドの臨床データ管理、分析、統合を取得することが必要になります。Xcellerate臨床データウェアハウスはデータ過負荷に関連した問題を処理し、関連情報の素速い抽出を可能にするために設計されました。それにより、事実上どんなソースからでもデータ統合を行い、意思決定を促進することができます。 

Xcellerate 臨床データウェアハウスツールの利点:  

  • 非依存型:既存の治験管理ソースシステムに統合できます
  • コンプライアンス: 監査証跡や履歴の追跡により、ICH GCP およびその他のガイドラインの遵守に対応します
  • 使いやすさ:すべてのデータが毎日更新され、さまざまなシステムのデータを自動的に更新
  • 効果的:ユーザーのタイプに応じて、システム全体の重要なデータに素早くアクセス可能 
  • 効率的: さまざまなシステムのデータを組み合わせることができるため、システム内でデータを探す必要がなくなり、高度なワークフローエンジンが問題解決を迅速化します 
  • 将来性:現在および将来のデータ量の変化に応じて拡張可能な最先端のアーキテクチャを採用しています 
グラフを手にする人の写真