Xcellerate 業務データウェアハウス

Xcellerate® 業務データウェアハウスはひとつあるいは複数の治験の業務データを集約し、あらゆるソースシステムの最新業務データを標準化すると同時に、データの完全性とセキュリティを確保します。

Xcellerate 業務データウェアハウスでは、すべての業務データを保存してリスクベースのモニタリングを行なうことができます。また、このツールを使えば、あらゆるソースシステムの業務データをほぼリアルタイムで統合し、マッピングすることが可能です。 

業務の指標や主要パフォーマンス指標、さらに CTMS や EDC その他のシステムなど複数のソースから得られたデータを、その完全性とセキュリティを確保したままで有効にリンクさせることができます。 

治験データの量は飛躍的に増加していることから、スポンサーはデータリポジトリを合理化してその数を減らし、エンドツーエンドのデータ管理、分析、統合をセットで導入しなければなりません。Xcellerate 業務データウェアハウスは、実質的にあらゆるソースのデータを効率よく統合できるよう設計されており、過剰なデータに起因する問題に対処したり、意思決定をするための情報を速やかに抽出する際に役立ちます。 

Xcellerate 業務データウェアハウスのメリット:  

  • 非依存型:既存の治験管理ソースシステムに統合できます
  • コンプライアンス: 監査証跡や履歴の追跡により、ICH GCP およびその他のガイドラインの遵守に対応します
  • 使いやすさ:すべてのデータが毎日更新され、さまざまなシステムのデータを自動的に更新
  • 効果的:ユーザーのタイプに応じて、システム全体の重要なデータに素早くアクセス可能 
  • 効率的:さまざまなシステムのデータを集約するため、データを探し回る必要がなくなるほか、高度なワークフローエンジンによって問題解決を加速化します。 
  • 将来性:現在および将来のデータ量の変化に応じて拡張可能な最先端のアーキテクチャを採用しています
データハブの図