Xcellerate データ評価

Xcellerate® データ評価は、データマネージャーが質の高いデータを効率よく管理して、確実にデータベースのロックの準備ができるようにします。

Xcellerate データ評価を使用することで、データマネージャーは、データの欠落およびそのソース、高い照会率、データ入力の遅れのほか、治験データの完全性を損ねるデータ品質上の問題を特定することができます。その結果、治験実施期間中に情報に基づいた意思決定がさらに推進され、データベースのロックの準備が確実に整います。

臨床データウェアハウスの管理にはデータの入力と検証が伴いますが、さまざまな要因によってその処理が遅れることがあります。過負荷や多くのリポジトリがあるために、データ管理者により貴重なデータが抽出されず、治験が複雑化することがあります。また、継続的なメンテナンスや統合が柔軟でなく不十分といった理由により、データのクリーンアップが滞り、治験のスケジュールが遅れることもあります。

Xcellerate データ評価は、足りないページを徹底的に追跡して未処理の照会をリストアップし、自動レポーティングを利用してデータの矛盾を特定することで、そうした問題を解決します。

Xcellerate データ評価のチャートの写真

Xcellerate データ評価のメリット: 

  • 非依存型:既存の治験管理ソースシステムに統合できます 
  • コンプライアンス: 監査証跡や履歴の追跡により、ICH GCP およびその他のガイドラインの遵守に対応します
  • 包括的:高度なワークフローエンジンにより問題解決のプロセスを加速・自動化
  • 使いやすさ:ウェブとモバイルの使いやすいユーザーインターフェースを提供します
  • 効果的:非 EDC のエディットチェックを繰り返す自動認識機能により、データの矛盾を包括的に管理
  • 効率的:特定された矛盾データの一括照会に対応。EDC と統合させることで照会を自動化します。
  • 将来性:現在および将来のデータ量の変化に応じて拡張可能な最先端のアーキテクチャを採用しています