Xcellerate 統計的評価

Xcellerate® 統計的評価は、 収集された臨床試験データの有効性を検証するとともに、標準に合致しない施設のデータを特定し、治験に悪影響を及ぼしかねない品質の問題を未然に解決します。

実績のある統計手法を採用した Xcellerate 統計的評価を利用すると、統計学者はデータを評価して、入力ミスや処理上のエラー、不正となり得るデータを認識することができます。​​ また、Xcellerate 統計的評価は治験の進行中、モニタリングチームとデータ管理チームに懸念のある領域について通知します。

統計学者が試験データの問題をタイムリーに特定できるかどうかは、あらゆる治験の成果を大きく左右します。誤ったデータは、業務上の問題を示唆することもあり、そうした問題に早く対応すれば、患者様の安全を優先させたり、データ品質を高められるほか、リスクの低減、業務効率アップ、情報に基づいた意思決定の促進にもつながります。

Xcellerate 統計的評価を利用すると、統計学者とその他のスタッフは、標準に合致しないデータパターンに注意しながら有効性と安全性のデータを評価することができます。統計手法を用いて非無作為的な異常値を特定し、外れ値や不正、品質上の問題を調べることで、プロジェクトチームは特に注意を要する部分に集中できます。

Xcellerate 統計的評価の画面

Xcellerate 統計的評価ツールのメリット:  

  • 非依存型:既存の治験管理ソースシステム(EDC など)に統合可能
  • コンプライアンス: 監査証跡や履歴の追跡により、ICH GCP およびその他のガイドラインの遵守に対応します
  • 使いやすさ:ユーザー定義のインターフェースにより、懸念のある領域に対する可視性を向上
  • 効果的:重要な情報を指標レポートや傾向分析と合わせて視覚化
  • 将来性:現在および将来のデータ量の変化に応じて拡張可能な最先端のアーキテクチャを採用しています