研究リスクの低減

コーヴァンスでは、包括的で直感的、かつ統合されたリスクベースの品質管理(RBQM)ソリューションを提供しています。治験の各段階で研究リスクを効果的に管理するため、わかりやすいワークフロー、連携を重視したコミュニケーション体制、RBQM ベースの各種機能が揃っています。

ファイル

 Xcellerate リスク評価 & 分類ツール(Xcellerate RACT)では、コラボレーション重視の電子的プロセスを通して、詳細な研究リスク評価、重要なデータとプロセスの特定、ポートフォリオおよび研究レベルのリスク、ならびにその低減計画を実行に移します。

ファイル

Xcellerate リスク & 問題管理を利用すれば、研究チーム全員が治験のなかで発生した問題をほぼリアルタイムで作成、確認、管理できます。業務効率とコンプライアンスが高まるとともに、リスクの低減やかつてないレベルの透明性が実現します。

ファイル

Xcellerate リスク評価は、現場で、あるいは国ごと、研究ごとでの包括的なリスク評価を可能にします。業務のワークフローが完全にサポートされるため、研究チームが適宜、適切なレベルでリスク低減対策を導入して、発生する問題が研究の妨げとならないようにします。