Xcellerate リスク評価および分類ツール

 Xcellerate リスク評価 & 分類ツール(Xcellerate RACT)では、コラボレーション重視の電子的プロセスを通して、詳細な研究リスク評価、重要なデータとプロセスの特定、ポートフォリオ管理、および研究レベルのリスク管理ならびにリスク低減計画を実行に移します。

Xcellerate RACT では、段階的質問に回答したり、研究リスクの特定、評価、そして軽減に使用できるTransCelerate の初期テンプレートが用意されています。Xcellerate RACT は自由な設定が可能で、異なった治療エリアおよびプログラムの、特定のリスク評価ニーズに沿うよう個別対応が可能です。 

より多くのデータソース、管理システム、チームの増大、そして所在地の増加などの要素により、研究は一層複雑になっています。研究チームは、クオリティ・バイ・デザインを実現するため、包括的なリスク評価を継続的に完了する仕組みを必要としています。

Xcellerate RACT を使用することで、研究チームは最もリスクの高いエリアを識別し、適切な軽減策を定義することができるようになります。多くのリスクが治療の複数分野に及ぶものであるものの、各々の治療領域内において固有のリスクが存在し(例えばエンドポイントの決定など)、ケースバイケースベースで専門家による標的評価が必要になります。Xcellerate RACT はこうした重要な疑問を提起するために、治療領域レベルでのテンプレートの作成を可能にします。各々の評価はデータベースに保存され、研究およびプログラム全域における高レベルリスクを調査することが容易になります。

ファイル

 Xcellerate リスク評価および分類ツールの利点:

  • 非依存型:既存の治験管理ソースシステムに統合できます
  • 準拠:一般的また重要なイベントを逃す可能性が減少
  • 個別対応: ユーザーが簡単に RACT カテゴリー、加重、テンプレートを設定可能
  • 効率的: 従来の Excel リスクトラッカーに取って代わるツール 
  • 将来性:現在および将来のデータ量の変化に応じて拡張可能な最先端のアーキテクチャを採用しています