Xcellerate リスク評価

Xcellerate® リスク評価は、現場で、あるいは国ごと、研究ごとでの包括的なリスク評価を可能にします。業務ワークフローを完全にサポートし、アダプティブで即応型のモニタリングを行うため、研究チームは適切なタイミングでリスクを適正に管理して、研究における新たなリスクが問題化するのを防ぐことができます。

Xcellerate リスク評価では、リスク指標の設定に従って定期的に自動評価を行います。そして複数の要素を組み合わせたリスクスコアを算出し、施設ごとにモニタリング介入の優先順位や頻度に関する提案を作成します。研究チームはその総体的な評価を利用して、適切なタイミングでリスクを適正に管理し、品質と効率を大幅に高めることができます。

  • 46% - オーバーサイトの実施を監視することで、重大な問題の発生を削減
  • 28% - 重大なプロトコル逸脱を削減
  • 34% - 現場でのモニタリング時間を削減
ファイル

治験では実施のあらゆる段階において、関連のないさまざまな異なるシステムで問題が発生する可能性があります。こうした統一性のなさは、コンプライアンスに関する問題やプロセスの非効率化、さらに研究の進捗が見えにくくなるという弊害を招きます。

Xcellerate リスク評価では、基盤となる治験管理システムに依存しない、カスタムメイドの一つのユーザーインターフェースを使用して、次のようなことを実行できます:

  • 主なリスク指標やそれを裏付けるデータを継続的に評価し、臨床現場のリスクやパフォーマンスを監視
  • リスクの高い現場を素早く特定し、そのパフォーマンスを評価
  • リスクの観察に基づいてモニタリング戦略を調整し、システム内でアクションを割り当て
  • 標準的なリスク指標と研究ごとのリスク指標を用意
  • リスクベースモニタリング戦略を盛り込んだコンプライアンスの文書化

Xcellerate リスク評価のメリット:  

  • 非依存型:既存の治験管理ソースシステムに統合できます
  • コンプライアンス: 監査証跡や履歴の追跡により、ICH GCP およびその他のガイドラインの遵守に対応します
  • 使いやすさ:ウェブとモバイルの使いやすいユーザーインターフェースを提供します 
  • 効果:指標に関するレポートや傾向を視覚的に提示し、重要な情報にすぐにアクセスできるようにします
  • 効率:高度なワークフローエンジンで問題解決のプロセスを加速・自動化します 
  • 将来性:現在および将来のデータ量の変化に応じて拡張可能な最先端のアーキテクチャを採用しています