Xcellerate ケース管理

Xcellerate® ケース管理は、臨床および市販後のあらゆる場面において、医薬品と医療機器の安全性監視業務の効率、生産性、コンプライアンス、品質を高めます。

Xcellerate ケース管理は、ベーシックなものから AI 対応のものまで幅広い自動化ツールを網羅しており、タッチレスの ICSR 管理のビジョンを実現します。これらのツールを利用すれば、手作業がなくなり、非構造化データにおけるパターンを識別して、ケース受理から提出までにいたるまでの安全性監視プロセス全体を自動化することができます。

ファイル

Xcellerate ケース管理は、革新的な統合型のプラットフォームで、ケースの受理と処理の作業を自動化します。これにより、複数のソースから得られた幅広い受信データ形式の安全性データを、シームレスに移動できるよう管理します。このツールは、透明性の高いデータ共有を可能にし、ケース処理の質とスピードが向上することが確認されています。コーヴァンスの RPA とコグニティブ技術、AI のソリューションを取り入れた Xcellerate ケース管理は、ADR を効果的に予測するための大量のクラウドベースデータの取り込み、パターンのマッピングといった機能を利用した従来の安全性サービスに不足していた部分を補うことで、タッチレスの ICSR 管理のビジョンを実現します。 

Xcellerate ケース管理のメリット:

  • 効率の最大化、 最適化されたコンプライアンス、 先を見越したリスク最小化 
  • RPA・AI 対応 - 最小限の操作、コグニティグインテリジェンス、コーヴァンスの「ワンタッチ」のビジョンを実現
  • 高度なカスタマイズが可能な、データベースに依存しないボルトオンソリューション
  • ケースの受け入れ、処理、レポート提出の自動化
  • RPA ソリューションの有人 / 無人操作モード
  • 生産性、品質、コンプライアンスの強化

 

コーヴァンスの患者様安全ソリューション担当グローバルクライアントディレクター、Dinesh Kashturil と DIA の Chris Slawecki による最新ポッドキャスト。医薬品安全性監視(PV)の現状と展望、そして PV の全工程において業務効率を高める技術と自動化について議論します。

医薬品の市販後安全性監視における実績