信念を行動に

30年間以上にわたり、当社は動物倫理を最優先事項とする企業文化を確立し、維持してきました。3R に対する当社のコミットメントから、政府規制に対する慎重なアドヒアランスに至るまで、当社では人道的に敬意を持って研究動物を扱うように日々努力しています。

当社は 3R を尊重しています:

当社は、イノベーションと 3R に対するコミットメントを進展させる技術の継続的な開発と適用を行っています。

ファイル

研究動物に対して適切かつ人道的なケアを行うことは、正しいことであるというだけでなく、世界中の人間や動物の命を救う新薬の安全性と有効性を保証するうえでの基本でもあります。

当社は、動物倫理を最優先とする企業文化を構築し維持するための有意義な手段を講じてきました。

こちらはその一例です:

  • 動物倫理および比較医学担当バイスプレジデントが率いるグローバルな動物倫理組織は、コーヴァンスにおけるグローバルな動物倫理基準を適用および監視しています。このチームは、当社のすべての動物施設および業者の定期的な監査を実施しています。 

ファイル
  • 当社の社内動物管理利用委員会および他の動物倫理審査委員会には、獣医師、科学者、当社の専門スタッフ、および少なくとも 1 名の一般人が含まれています。これらのチームは、研究が必要であるか、また動物が関与する必要があるかを検討します。  そして、確認後に承認、あるいは研究を始める前に研究のデザインを変更します。また、コーヴァンスの動物管理利用プログラムの定期的な見直し、研究施設の検査、動物倫理に関するあらゆる問題の調査を行います。

  • 当社は 3 年ごとに、当社のポリシー、動物飼育と管理、獣医療および施設に関する総合的なプログラムの詳細を、実験動物ケア評価認証協会 (AAALAC : Association for Assessment and Accreditation of Laboratory Animal Care) に提出しています。AAALAC の代表により実施される現場調査の所見をもとに、AAALAC 認証評議会が評価を行います。10 か所あるコーヴァンスのバイオ医学研究施設はすべて、AAALAC の認証を受けています。

ご存知ですか?

当社は常に動物実験の代替として In vitro 試験の適用を増やす努力をしています。また、代替手段としての In vitro 試験を促進している研究動物動物の削減、改善、代替のための国立センター (NC3R : The National Centre for the Replacement, Refinement & Reduction of Animals in Research) などの組織や機関と協力しています。  当社のすべての研究および開発施設では、医薬品開発プロセスの創薬段階から前臨床段階に至るまで、In vitro 試験を実施しています。コンピュータモデリング、In vitro、セルベースなどの試験は、多量の化合物を、患者の助けになる可能性が高いいくつかの候補に絞り込む際に役立ちます。当社では可能な限り In vitro 試験の定常的な使用を推進しており、すでにいくつかの動物実験は In vitro 試験に変更されています。

透明性により深まる理解

コーヴァンスのパートナー、一般市民、または公務員など誰に対しても、敬意と思いやりを持って研究動物を扱うという当社のコミットメントがオープンなものであることをお約束します。

当社が実践する動物の利用と待遇に関する透明性は、科学コミュニティ内の他者との関係において非常に重要なものです。

動物研究の公開性に関する協定

コーヴァンス は、英国の Concordat on Openness on Animal Research に署名した 70 以上の団体のひとつです。この中には、製薬企業、大学、開発業務受託機関、非営利団体、および関連団体が含まれています。当社は、協定のガイドラインを遵守し、動物の利用に関する当社のメッセージを強化する 4 つのコミットメントの履行に尽力しています。

噂と事実

噂:医薬品検査では、犬と霊長類が最も多く利用されている。

事実:基礎バイオ医学研究で利用される動物の 95 パーセント以上はラットとマウスです。* 政府規制では、一部の試験において非げっ歯類の使用が義務付けられていますが、ラットは新薬の安全性検査のために最も頻繁に利用される種です。

ある種の研究では、犬の代わりにミニブタが使われ始めています。研究用霊長類のほとんどはマカクあるいはマーモセットです。これらの霊長類は、全研究のおよそ 0.05 パーセントという比較的少ない割合において利用されており、ポリオワクチンや未熟児のための生命維持システムなど多くの重要な医学の進歩を支えています。ウェブサイト:Understanding Animal Research(動物実験を理解する)では、霊長類を使用した研究の詳細をご覧いただけます。

 

* 生物医学研究基金:www.fbresearch.org/wp-content/uploads/2013/07/Rodents.pdf

ご存知ですか?

コーヴァンスで利用されるすべての動物は、研究用に特別に繁殖されたものです。当社の獣医師チームが定期的に供給業者を監査し、人道的な扱いがされているか、また研究結果に影響を及ぼす要因を排除するために感染がないかどうかを確認しています。

ファイル