質の高い成果の達成に極めて重要な動物倫理

このウェブサイトを閲覧されている多くの方がそうであるように、当社は動物を大切にしており、常に人道的かつ敬意をもって扱っています。 

思いやりと敬意

実験動物に対して適切なケアおよび待遇を与えることは当然のことであり、当社の業務にとっても重要です。

適切なケアを受けた健康な実験動物は、より信頼性の高い科学的結果に貢献します。最良の成果を達成することで、人間の患者様だけでなくペット、家畜、その他の動物のための新薬の安全性を保証できるのです。生活の質を向上させるため、当社では動物たちのために情操活動、ソーシャルハウジングや遊びの時間などを設けています。

ファイル

専任スタッフ、コミットメントとトレーニング

当社では、動物の健康と福祉を保証する専門知識と経験を有する獣医を 30 人以上も採用しています。動物倫理を徹底させるため、当社の各動物施設において獣医一人は、24 時間体制で待機しています。経験豊かで高い技能を持つ当社のオペレーションマネジャーとサポートスタッフが毎日、動物たちの安全と健康を保証することに専念しているのです。

実験動物と接するコーヴァンスの全社員は、動物に対する適切な管理とケアを行えるよう長時間のトレーニングを受ける必要があります。トレーニング内容として以下のようなものが挙げられます。

  • 動物のケアと使用に関する業界基準の概要と適用される全規制
  • 動物各種に対する基本的なニーズ
  • 人道的かつ安全に動物を取り扱う方法
  • 痛み、苦痛、あるいは健康上の問題を持つ動物の見分け方

規制要件の遵守と、より多くを成し遂げる努力

コーヴァンスおよび当社のサプライヤーは、動物倫理に関して適用されるすべての政府規制の遵守に尽力しています。当社は 30 年以上にわたる動物実験において、動物倫理の規制を遵守し続けてきました。その規制の一例として、欧州理事会指示 2010/63/EU、米国動物福祉法および米農務省 (USDA : United States Department of Agriculture) による規定、米公衆衛生局の実験動物の人道的管理と使用に関する規範などがあります。

たとえば、欧州連合の規制では、ヨーロッパで行われる動物が関わるすべての実験について、国の機関から動物実験が現在唯一可能な手段であることを確認するための審査を受けなければなりません。 

動物の安全な輸送

コーヴァンスの動物倫理に関する取り組みは、動物たちが当社施設に到着する前にすでに始まっています。過ごしやすい環境に設定された車両もしくは飛行機で輸送を行い、輸送中も、世界各国の様々な機関によって規制されています。当社は、規制を満たしていて、適切なケアを提供できる輸送業者のみを利用しています。当社スタッフとコーヴァンスの獣医が輸送業者を監督しており、動物倫理を守っています。

ご存知ですか?

欧州委員会が動物生息環境に関する現在の規制を発布する三年前に、コーヴァンスはドイツのラボにある霊長類のおりのサイズを大きくして、動物がより快適に住めるようにしました。

動物倫理に関する積極的な改善の継続

ファイル

動物倫理を改善する際のすべての側面において、当社は独自の視点を適用しています。たとえば、サル、NHP の住処のほか、新薬の循環器評価に必要なイヌの心電図の試験における侵襲性の低い手法について、業界でベストプラクティスとの評価を得ました。いずれのイノベーションも大手製薬会社から表彰を受けています。

より良い動物倫理に貢献しつつ、実験に使う動物の数を減らし、既存の科学技術と動物ケアの慣行を改善して、可能な限り動物実験を置き換えたことで 3R を励行した功績に対して、コーヴァンス社員の Jane Edwards と Michael Taschwer がチームを代表して賞を受け取りました。