動物倫理へのコミットメント

コーヴァンスは、研究で使用する動物の倫理規定の遵守に努めています。動物研究は、人と動物の命を守ったり救う、安全で効果的な新しい薬や機器、製品の開発に欠かせません。コーヴァンスでは、バイオ医学研究に使用する動物を、思いやりと尊重する心を持って慎重かつ人道的に扱っています。当社はまた、動物に関する倫理規定の厳格な基準を満たしています。そして、実験動物に適切なケアを提供することが、科学的良心に根差した正しい行いだという信念を持っています。

「当社が扱っている動物の健康と福祉は、経営陣からリーダー、世界中の施設で直接動物と関わるスタッフすべてにとって重要な関心事です。

実際にコーヴァンスでは、最高動物倫理責任者が率いる経験豊富なグローバルチームが、高水準のケアと動物倫理の確立に尽力しています。そして、全社における動物倫理の実践を監視し、研究動物が 24 時間 365 日、間違いなくコーヴァンスとベンダーにより十分な尊重する心と思いやりを持って扱われるよう徹底しています。

コーヴァンスのパートナー、公務員、ジャーナリスト、市民、誰であっても、このウェブサイトを訪れたのは動物倫理が重要だとお考えだからでしょう。皆様のために本 Webサイトは作成されました。コーヴァンスの研究における動物の使用目的、研究動物をどのように扱っているか、また動物倫理に対する当社のコミットメントがどのようなものかご理解いただけるよう関連情報を下記に掲載いたします。

 他のページも併せてご覧ください。動物研究が、人間だけでなく動物の健康のために大変重要である理由をご覧いただけます。」 

-  Paul Kirchgraber 医師、最高経営責任者

コーヴァンスにおいて動物倫理は、CEO から各国施設の従業員まですべての人員にとって一番の関心事です。

動物倫理に対するコーヴァンスのコミットメント