ブレグジットへの備え

当社の立場

英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を決定して以来、ラボコープと傘下の医薬品開発事業部門であるコーヴァンス(以下、合わせて当社とします)は、これによる当社ならびにヨーロッパと英国の製薬業界に対する影響を評価してきました。当社は、英国と EU との交渉が最終的にどのような結果になっても、継続してお客様にサービスを提供できる体制を整えています。また、新たな開発に際し、必要に応じてブレグジット対応計画を実施します。当社は、暮らしと健康の改善というその使命に従って、ブレグジットによって安全で効果的な医薬品に対する患者様のアクセスが少しでも失われることがあってはならないという業界全体の立場を支持しています。

詳細について

詳しい情報については CovanceBrexit@Covance.com までお問い合わせください。

その他のリソース

医療機器や In vitro 診断機器にご関心をお持ちの場合は、 こちらでブレグジット「合意なし離脱」が医療機器開発に及ぼす影響についてご説明しています。