COVID-19 治験デザインおよび患者様のリクルート

COVID-19 の試験と医薬品開発のために、データに基づいた比類ない洞察を実現しましょう。ラボコープの個人非特定の試験結果が、変わり続ける患者様の状況に機敏に対応するうえで役立ちます。毎日データが更新、アップロードされるため、患者様のクラスターを特定して次のホットスポットを予測し、COVID-19 のリクルート戦略を細部にわたって調整しやすくなります。

患者様に直接アプローチして、ターゲットを絞ったリクルートを実施 - コーヴァンス

当社の消費者直結型(DTC)のアウトリーチプログラム、Patient Direct を活用して適格要件を満たす患者様の意識を高めることで、治験責任医師・分担医師のリクルート能力を強化しましょう。このプログラムは、ラボコープの検査結果から得た情報を活用し、米国で COVID-19 の陽性判定を受けた被験者の約 20% の情報を網羅しています。

課題の多い集中治療室 (ICU) での治験


これまで難しい肺炎の治験で挿管された患者様を扱い、患者様のリクルートと維持を念頭にプロトコルをデザインしてきた当社の経験をご活用ください。

当社のCOVID-19対策チームとコラボするパートナーシップによって、開発プロセスの起動を加速させてください

連携に長けた専任の COVID-19 対策チームが、お客様を的確なスタッフと引き合わせ、世界規模のパンデミックに起因する差し迫った医薬品開発のあらゆるニーズに迅速に対応します。  

患者様中心の慣行を COVID-19 の試験プロトコルに採用

現場の患者様のフィードバックをもとに患者様中心のプロトコルをデザインし、被験者のリクルートと維持率を向上させましょう。世界で業界が支援する全治験の 50% を網羅した当社の治験責任医師および分担医師のリクルートの業績データを活用すれば、最も生産的で経験豊富な施設を選ぶことができます。

分散型の治験ソリューションを導入


従来の治験モデルに、eConsent、ePRO、eCOA、遠隔医療技術などのハイブリッドの要素を加えましょう。米国各地の患者様サービスセンターや、グローバルな在宅医療サービスも合わせて利用すれば、施設への訪問回数を減らし、情報に基づいた意思決定のための貴重な患者様データを集めることができます。


常に機敏さを保ち、状況の変化に素早く対応しましょう。ラボコープとコーヴァンスが価値あるデータで治験をサポートします。

  • 米国内の COVID-19 陽性者数とその場所
  • 被験者と陽性判定を受けた人の年齢分布
  • 患者様の特性
  • 市 / 郵便番号ごとの検査実施件数
  • 各医師の検査実施数
  • 各医師の専門
  • 治験対象 / 除外条件を満たす患者様のクラスターを特定
  • プロトコルに患者様を合わせるのではなく、患者様に合わせたプロトコル
  • データをもとにリクルートの可能性を最大限に高める戦略を策定 
  • 訪問診療、サンプルの移動回収
  • 国内の小売薬局、便利な診断回収センター - ラボコープの患者様サービスセンター 1,800 か所以上(うち LabCorp at Walgreens 90 か所以上)​​​​​​​
  • モバイルアプリ、自己回収型スワブキット、コネクテッドデバイス / ウェアラブルセンサーソリューションにより、データ収集と患者様の体験を合理化 

施設への訪問回数を減らし、情報に基づいた意思決定のための貴重なデータを集めながら、患者様の参加促進と維持を向上させましょう。ご一緒に取り組めば、集中的で効率のよい COVID-19 の治験が可能になります。 


ファイル