日本での医薬品開発サービス

コーヴァンスは日本で 20 年以上にわたり、オペレーショナル・エクセレンスを確立し、知識豊富なスペシャリストとしての実績を築いてきました。医薬品の欧米市場への参入に関心をお持ちの日本企業、日本でパートナーをお捜しのグローバル企業、いずれの場合も当社の専門知識をぜひご活用ください。英語と日本語を自在にあやつり、微妙な文化的差異を深く理解する当社スタッフがお客様の心強いパートナーとなります。  

  • 地域およびグローバルの統合したソリューションで開発 ROI を最大化 

  • 世界 100 か国以上における治験責任医師および分担医師と患者様へのアクセスで、リクルートを迅速化

  • 99% を超えるデータパッケージを期限内に提出

コーヴァンスのラボで医薬品開発に取り組む日本人サイエンティストの写真。
日本におけるソリューション

当社の実績あるソリューションのグローバルネットワークを通じて、欧米市場へのアクセスを実現してください。お客様の目標達成に向けて当社がお手伝いできます。

ローカルな専門知識

当社は、連携のさまざまな局面で期待される細部まで行き届いたサービスおよび配慮について理解しています。お客様のパートナーとして、お客様のニーズを満たし、プロジェクトの推進に必要な洞察を提供することができます。

  • 多様な専門知識:当社の科学専門家およびマネージャーによる非常に幅広く奥深い知識をお客様の課題の克服にお役立てください。当社の専門家は日本語と英語の両方に堪能であり、明確かつ効率的なコミュニケーションを促進します。
  • 規制対応の支援:製品開発に長年の経験を持ち規制の変更など最新事情に詳しい規制担当スタッフが、製品開発プランと規制書類申請に関して、経験に裏打ちされたコンサルティングサービスを提供します。お客様が米国、ヨーロッパ、 その他各地において化合物を登録する際には、PMDA、FDA、EMA、その他世界各国の保健機関と交流を持ち、経験豊富で優秀な当社の規制担当スタッフがサポートします。 

日本の医療市場は多くの場合、人口の高齢化や、医薬品が伝統的によく使用されていることが特徴として取り上げられます。このほかにも、製薬業界において考慮すべき特徴が日本には数多く見られます。

  • 強固な基盤:各国を比較すると、日本の製薬業界の規模は世界第 2 位に位置付けられています。なお、1 位は米国、3 位はドイツとなっています。
  • 高度な知識:日本の臨床薬開発市場は、アジア太平洋地域の他の新興国に比べて非常に成熟していると考えられています。
  • 後発医薬品のチャンス:政府が医療費の削減および急速な高齢化のニーズへの対応を目指していることから、後発医薬品業界は海外の製薬企業にとってますます魅力的になっています。 
会社所在地

ローカルな面とグローバルな面のどちらにおいても、日本市場を提携企業にとって魅力的かつ挑戦しがいのあるものにする要因について、コーヴァンスはすべて理解しています。コーヴァンスはいつでも貴社のパートナーとして可能性の追及に取り組んでいきます。 

お問い合わせ:
+81 3-6837-9500

事業所所在地:

東京

〒104-6108
東京都中央区晴海 1-8-11
晴海トリトンスクエア オフィスタワーY 8階

大阪

コーヴァンス・ジャパン株式会社
Tokyo Tatemono Umeda Bldg 13F
1-12-12 Umeda, Kita-ku
Osaka-shi, Osaka 530-0001