眼科学的検査

お問い合わせ

創薬期から前臨床試験、臨床試験、市販後の追跡調査に至るまで、個別化された総合的な眼科医薬品開発サービスを提供する業界唯一の CRO、コーヴァンスが眼科治療を前進させるお手伝いをいたします。

前眼部や後眼部、希少眼疾患、遺伝子治療、眼科用機器、診断製品など、どんなサポートを必要とされる場合でも、当社には眼科に関する開発を最適化するノウハウがあります。

眼科プログラムのための戦略的ビジョン

  • 当社眼科スタッフの科学および規制に関する深い知識と経験をご活用ください。当社スタッフはこの 5 年間で、新興バイオテクノロジー企業向けの患者様中心型のグローバルな眼科治験約 100 件に携わってきました。

  • 著名な視力担当サイエンティストがお力になります。当社は、Ocular Services on Demand(OSOD) と 30 年以上にわたって独占的に提携してきました。お客様の眼科前臨床のニーズに対応し、眼表面、前眼部、後眼部に特化した専門知識を提供することが可能です。

  • 高度なデータを活用してスマートな患者様のリクルートを実現し、世界各地の提携施設 1,400 ヵ所以上を利用して効率を高めましょう。

ぴったりのパートナー:フルサービスのコラボレーションで眼科チームの対応力を拡張

患者様のニーズを意思決定の最優先事項にして眼科医薬品開発プログラムを成功させようとするときには、経験が重要になってきます。ラボコープの専門知識と知見によって、過去 5 年間に 100 件近い臨床眼科学的検査研究を前進させ、新興および中規模のバイオテクノロジー企業に柔軟なソリューションを提供してきました。

さまざまな部門にまたがるサポートとカスタマイズされた戦略によって、開発スケジュールの迅速化、問題の予測・防止を図り、眼科医薬品の市場投入を成功に導きます。当社との強力なパートナーシップにより、お客様のチームは患者様の暮らしをより速やかに向上させられるようになります。

お客様のニーズに合わせた前臨床ソリューション

眼科前臨床研究では、毒性試験(GLP、non-GLP)、組織分布 / 薬物動態(PK)試験、薬理試験が必要となる場合があります。当社は、眼表面と前眼部、後眼部それぞれの違いを理解しており、緑内障、ドライアイ、ブドウ膜炎、アレルギー、網膜疾患など複数の眼疾患領域の専門知識を提供することができます。

また、当社にはすべての医薬品 / 治療クラスを扱った経験があり、OSOD とも業務提携しているため、数多くのモデルで眼球からの投与経路を提案することができ、前臨床のプロセスで役に立ちます。

ラボコープと一緒に眼科学的研究に取り組むことで、貴社のチームは当社のフルサービスのラボを利用して、化学分析サービスやバイオ分析サービスのあらゆるニーズに対応できるようになります。統合された包括的なサービスの違いをご体験ください。

治験および各種試験のための独自ソリューション

当社は、お客様のプログラムのニーズに柔軟に対応する、患者様中心の独自の治験および試験ソリューションの提供を第一に考えています。

  • 患者様のリクルートと施設特定の迅速化 - ラボ検査結果の匿名データと患者様のインテリジェンスデータにアクセスして、患者様集団を特定し、包含 / 除外基準の評価、プロトコルの検証を図り、信頼性の高い定評ある当社ネットワークから実績と経験のある治験実施施設を選んでその近くにいる患者様を探すことが可能です。
  • 科学および規制に関するサポート - 当社の​​​​​​​規制とビジネス両面のガイダンスが貴社のチームの能力を拡大します。小規模なバイオテクノロジー企業から大手製薬企業まで、戦略目標達成を支援してきた当社の豊富な経験をご活用ください。
  • 柔軟で統合されたデリバリーモデル - デリバリーのリスクを低減する分散型治験のアプローチから機能的なサービスプロバイダー(FSP)モデルまで、お客様と協力しながらニーズに合わせて最適化を実現します。

当社では、お客様のご希望やプロジェクトのニーズに合わせてサービス内容を調整します。これらの包括的なフルサービスソリューションをぜひご活用ください。お客様のプロジェクトの中間目標やデータは、当社が Xcellerate®  インフォマティクススイートで追跡いたします。


前臨床:Ocular Services on Demand(OSOD)との提携から得られる専門知識

高く評価されている世界の眼科サイエンティスト 40 名以上が名を連ねるコンソーシアムを味方に、眼科プログラムを前進させましょう。コーヴァンスと OSOD は1999年以来、さまざまな眼科領域の基礎サイエンティストをはじめ、認定資格を持つ獣医眼科医、電気生理学者(ERG 実施時)、獣医病理学および病理医、臨床医、眼科写真撮影技師などの視覚科学の専門家の協力を得ながら、新興のバイオテクノロジー企業と大手製薬企業の両方を支援してきました。

研究デザインからデータの取得 / 解釈、臨床的解釈、規制戦略に至るまで、視覚科学に関する卓越したコンサルティングを貴社のチームに提供いたします。また、エンドポイントの記述的および機能的評価のための最先端の機器もご利用いただけます。

臨床:試験を最適化し、市販化への過程に注力

眼表面 / 前眼部研究ソリューション

眼球表面および前眼部関連の治験に、専門家のサポートをご活用ください。白内障から緑内障、ドライアイ、アレルギー、炎症、コンタクトレンズ、眼内レンズ、外科装置、薬物送達機器に至るまで、複数の主な適応症の試験を数多く支援してきた当社の知識を存分にお役立てください。

後眼部研究ソリューション

黄斑変性や糖尿病性網膜症、網膜色素変性症、硝子体黄斑癒着、増殖性硝子体網膜症、炎症などさまざまなグローバル試験を手がけてきた当社の網膜専門家が、お客様のチームに加わってお手伝いをします。当社は、希少眼疾患や眼の細胞・遺伝子治療に関する独自の専門知識も持ち合わせています。

ケーススタディ

急成長するバイオテクノロジー企業を独自の眼遺伝子治療でサポート

徹底した患者様のリクルート、エンゲージメント、維持戦略で複雑な治験を推進

お客様の眼疾患適応症に合わせた戦略に基づいて、当社の包括的なアプローチではまず提携している施設の中から最も充実したパフォーマンスの高い施設を選定します。その後、現行の契約を活かして速やかに試験を立ち上げます。また当社では、ラボコープ独自の非特定化されたデータを分析し、ICD10 の診断コードでフィルタリングして、地理的に施設に最も近い患者様集団を特定することも可能です。当社の主題専門家からなる専任チームがお客様と連携し、これまで当社が眼科治験の経験で学んだベストプラクティスを組み込んだ、包括的かつデータに基づいた施設および患者様のエンゲージメント戦略をご提案します。

治験が始まった後は、眼疾患治験管理チームがお客様との緊密な意思疎通、連携を図ります。当社は視力検査と眼球画像の集中的読み取りを行う認定ベンダーを特定し、電子患者様報告アウトカム(ePRO)のための柔軟性に優れた社内プラットフォーム mClinical を駆使して、お客様が高品質のデータを得てプログラムの進捗状況を常に把握できるよう支援します。

期待を上回る効果:インテリジェントなリクルート、インスピレーションあふれるサイエンス、統合型デリバリー

臨床、科学、規制、業務における見識と、研究をデザインする際に患者様を常に第一に考える経験豊富な眼科チームの両方を備えた CRO で、貴社の取り組みを前へ進めましょう。施設の選定から患者様のリクルート戦略、質の高いデータの生成まで、当社は患者様と施設の負担を抑え、リスクを低減しながら、プログラム全体のプロセスを最適化するお手伝いをいたします。

エンドツーエンドの医薬品開発サービスを提供する当社が専任のパートナーとなってお手伝いします。その違いをぜひご体験ください。力を合わせれば、お客様の眼科製品に最適な方策を見極めることができます。

関連サービス

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ