オンコロジーにプレシジョンメディシンを応用 - ウェビナーシリーズ

医薬品開発において、プレシジョンメディシンや個別化医療といったアプローチが重視されるケースが増えています。こうした現状を踏まえ、コーヴァンスでは、オンコロジーにおける現在そして未来の応用、その課題と期待について考察するウェビナーシリーズを開催します。

医薬品開発において、プレシジョンメディシンや個別化医療といったアプローチがますます重視されつつあります。こうした現状を踏まえ、当社では、ウェビナーシリーズを通して具体的な課題や機会を探り、現在と未来のオンコロジーにどうつなげられるかを考察しています。​​​​​​​

養子細胞療法:ロジスティクスとラボ検査

2021年3月2日(火)| 10:00 am(米国東部標準時間)

ぜひご登録ください!

CAR T 細胞などの養子細胞療法を扱う複雑な治験にどう向き合えばよいか、詳しく学びませんか?

このウェビナーでは次のような内容を取り上げます。

  • アフェレーシスから治療管理に至るまでの製品調整とプロセスフロー
  • 患者様、治験実施施設、スポンサーの観点から見たサプライチェーンの品質管理とロジスティクスコーディネーターの役割
  • 製造した製品の重要な品質属性がコントロールされていることを実証することで、バッチリリースの受け入れ基準を満たすためには
  • PK / PD におけるバイオマーカー戦略とその評価 - 製品の長期生存、増殖、表現型、免疫原性、微笑残存病変(MRD)の特性評価など