前臨床免疫療法

体の免疫系を活用する機会を推進

Immuno-Oncology(I/O)はオンコロジー医薬品の創製や開発の重要な分野の一つです。時間の経過と共に、当社は免疫系を意義ある形で利用し、癌細胞の致死効果を弱める方法を学んできました。

この業界はImmuno-Oncologyが提供する契機に様々な角度からアプローチした結果、最適な生物動態を再現できるモデル、また関連性があって妥当なモデルを識別、開発し、精錬することを必要としています。原則的に、前臨床 immuno-oncology 研究の戦略は、非免疫調節薬におけるアプローチと類似しています。しかし、意義深い、意思決定をサポートできるデータを提供するためには、これらの研究はさらに精錬が必要であるのが現実です。

1579273095107
お客様のニーズ

特定の腫瘍モデルの開発に関わる免疫エフェクター細胞と個別の治療法における抗腫瘍反応の媒介に関わる免疫エフェクター細胞を有意義に評価することが重要です。

当社の Attune™ フローサイトメーターは、免疫エフェクター細胞の評価に大きく貢献しており、10-12 色の複合的なパネルを用いて Immuno-oncology モデルと治療に対する反応の評価に成功しています。経験豊富で専門性の高い当社のフローサイトメトリーチームは、免疫表現型の既製のパネルを提供し、お客様と緊密に連携しながら、お客様の研究に特有のニーズを満たす複合的なゲート戦略を策定します。

免疫調節剤自体を試験するか、免疫調整剤と別の薬剤を組み合わせて試験することに加え、放射線療法の影響を考慮することも重要です。放射線療法は、Immuno-oncology プロトコルと統合され、これらの Immuno-oncology プロトコルと組み合わせた研究が数多く行われるようになっています。 放射線療法の未照射部位への遠達効果と免疫調整効果を示すデータに加え、直接組み合わせた抗腫瘍効果を示すデータは概念実証を提供し、前臨床において広く使われ、臨床的に関連性のあるモダリティに関するより詳細な研究を促進しています。

コーヴァンスのサービス

当社は固形腫瘍と播種性腫瘍の両方に異なる同系腫瘍モデルを 30 以上提供し、お客様の Immuno-Oncology 研究および開発作業に多くの選択肢を用意しています。 コーヴァンスの多くのモデルは成長曲線を描いています。また、当社は、抗 CTLA-4、抗 PDL-1、抗 PD-1 抗体などの薬剤への治療反応を用いたデータベースを構築し続けています。さらに、当社は 市販用に作成されたヒト化マウスモデルを使用できるだけでなく、顧客が作成したモデルも使用することが可能です。

コーヴァンスは、Xstrahl 社による小動物放射線研究プラットフォーム (SARRP) を使用した焦点放射線研究も提供しています。 SARRP を CT イメージングに取り入れることで、解剖学的標的に対し放射線を正確に照射することができます。焦点放射線は、前臨床 Immuno-oncology 試験の機能を拡大し、トランスレーショナル面での考慮事項により直接的に答えます。精密な放射線照射および画像化とオンコロジー薬理学における当社の専門知識を合わせることにより、お客様の複合的かつ強力な研究デザインの実行を実現します。

コーヴァンスは、お客様の Immuno-oncology 医薬品の創薬と開発プログラムのためにご利用いただける業界トップクラスの最新機能を備え、高精度の技術を駆使して意思決定を可能にするデータセットを提供します。