前臨床オンコロジー

In vitro および In vivo ファーマコロジー有効性モデル、In vivo 画像化技術、さらに焦点放射線サービスも利用可能な包括的な臨床前オンコロジー研究が、臨床前オンコロジー化合物の取り組みを前進させます。 

お客様の研究には命を救う可能性があります。オンコロジー薬理学の知識、豊富な手段と経験を有するパートナーと共に、non-GLP、前臨床開発、オンコロジー治験を通して人々の人生を変える薬剤候補を迅速かつ効果的に進めませんか。  

当社はこれまで、何百もの企業が人々の暮らしを向上する化合物を発見するのを手助けしてきました。 

前臨床オンコロジー研究サービス

細胞株 & 腫瘍モデル

当社の細胞株全一覧では何百もの細胞株の成長曲線をご覧いただけます。また、腫瘍モデルのスポットライトもご一読ください。 

皮下  |  同所  |  転移  |  PDX  |  播種
がん増殖曲線および細胞株一覧

免疫療法 & 養子細胞療法のサポート

当社は固形・播種性両方の異なる同系腫瘍モデルを 30 以上提供し、お客様の Immuno-Oncology 研究に多くの選択肢を用意しています。 当社は以下の養子細胞療法機能を絶えず向上・拡大しています:

フローサイトメトリー、画像化、放射線

 

当社は 10 年以上にわたり、最適な薬理学調査のために業界屈指の In vivo 画像化モダリティを必要に応じて提供してきました。これには以下のようなものがあります。

オンコロジー医薬品開発向け免疫療法

臨床前オンコロジーリソース

スポットライト:

LL/2:免疫抑制マウス腫瘍モデル

肺癌は米国の男女両方において 2 番目によく見られる癌で、癌関連死のなかでは圧倒的に大きな原因とされています。米国がん協会では、2019年の肺がんの新規患者 228,150 名(男性 116,440 名、女性 111,710 名)… LL/2 モデルについてさらに読む

スポットライト:

B16-F10:マウス黒色腫モデル

皮膚癌は、皮膚のあらゆる層で発症し、一般的なものには基底細胞癌 (BCC: Basal Cell Carcinoma) や扁平上皮癌 (SCC: Squamous Cell Carcinoma) があります。それに比べて黒色腫 / 非黒色腫の皮膚癌(メルケル細胞癌、カポジ肉腫、皮膚リンパ腫、その他肉腫)はそれほど一般的ではありません. . . マウス黒色腫モデルについてさらに読む

ポスター:

多発性骨髄腫の前臨床モデル

多発性骨髄腫は、骨髄内で最終分化し、抗体を生産するプラズマ細胞の蓄積を特徴とする B 細胞クローンです。この病気は侵襲的で、かつ薬剤耐性があります。大抵の場合、患者様は病気の最終段階まで無症状であることがほとんどです。ヒトの疾患を概括した前臨床モデルはほんの少数しか存在しません。この研究では、ヒトの MM.1S モデルとマウスの 5TGM1 モデルを評価し . . . 多発性骨髄腫の前臨床モデルについてさらに読む

ポスター:

10 色フローサイトメトリーによるマウスの同系 CT.26 結腸がんモデルをもとに詳細に解析された骨髄性細胞

ここ数年で FDA の承認を受けた、抗 CTLA-4 や抗 PD1 などの免疫調節されたがん治療抗体の有効性は、薬品機能の機構的理解を促すメソッドとしてさらに注目を集めています. . . 詳細に解析された骨髄性細胞についてさらに読む

前臨床オンコロジーについて

2019年、コーヴァンスのグループ傘下に前臨床薬理腫瘍サービスプロバイダーの MI Bioresearch 社が加わりました。何百もの細胞株アッセイと腫瘍モデル、さらに何千人もの治験の候補となる癌患者様にアクセスしていただけます。また、オンコロジー診断の豊富な資料もご覧いただけます。

前臨床オンコロジーに関するイベント

前臨床

オンコロジー関連のイベント

オンコロジー担当へのお問い合わせ:734-404-7752 までお電話いただくか、こちらのフォームをご提出ください。