次世代がん研究の躍進

癌腫瘍モデル

お問い合わせ

モデルがもたらす大きな違い

当社のサイエンティストがお客様と協力し、産業屈指の幅広い解析ツールおよびモデルを活用したアプローチを計画。お客様の薬剤候補を全面的に評価します。当社の細胞株モデルを使用して薬剤候補の薬効薬理を調査し、お客様の前臨床オンコロジーパイプライン上で前進するか否かの決定を左右するデータを得ることが可能です。

皮下腫瘍モデル

皮下(SC)腫瘍モデルは何年もの間、がん創薬において重要な役割を担ってきました。このようなモデルの使用は、創薬の一連の工程において大変重要なステップです。標的阻害および時間経過にともなう標的の適当な阻害を確保するため、SC 腫瘍モデルを使用した In vivo 研究が薬力学のアッセイに組み込まれています。

同所腫瘍モデル

多くの同所モデルでは腫瘍が組織の深部に位置しているため、画像化技術を使用しなければ抗がん活性の評価が難しくなります。 腫瘍の進行、転移拡散、治療に対する反応を追跡するため、従来の方法では様々な段階で多くの動物を犠牲にする必要がありました。

転移腫瘍モデル

転移性疾患は、がんに関連した死亡数の大半を占めます。転移に関与する遺伝子およびタンパク質は、潜在的な治療標的として以前より探し求められていました。当社の腫瘍ポートフォリオには、効率的で再生可能な独自の転移モデルが含まれています。

播種性腫瘍モデル

We offer more than 50 different hematologic tumor lines, of both human and murine origin. 当社は播種性腫瘍モデルのモデル選択、研究デザイン、研究の実行、画像収集、独自のデータ分析において、10 年以上にわたる業界トップの経験と専門知識を有しています。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ