播種性モデル

白血病リンパ腫協会(LLS : Leukemia and Lymphoma Society)によると、米国で診断されたがんのうち、白血病、リンパ腫、骨髄腫が全体の約 10 パーセントを占めています。このため、バイオテクノロジー企業や製薬企業により、悪性血液疾患に関する研究が活発に進められています。しかし、血液モデルは、疾患との関連において評価することが難しいモデルです。

ルシフェラーゼ対応細胞株の生物発光イメージング(BLI)のエンドポイントを使用すると、試験のコホートに対する詳細なトリアージとステージング、全身イメージングによる体内の全身腫瘍量評価、定量的データセットにおける薬物治療反応の縦断的評価を行う上で、臨床疾患との関連性をより高めることができます。

コーヴァンスでは、ヒト由来およびマウス由来両方の血液腫瘍株 50 種類以上を提供しています。また、播種性腫瘍モデルのモデル選択、研究デザイン、研究の実行、画像収集、独自のデータ分析において、10 年以上にわたる業界トップの経験と専門知識を有しています。こうした経験により、意思決定を可能にする質の高いデータセットをお客様にお届けします。