転移モデル

転移性疾患は、がんに関連した死亡数の大半を占めます。転移に関与する遺伝子およびタンパク質は、潜在的な治療標的として以前より探し求められていました。当社の腫瘍ポートフォリオには、効率的で再生可能な独自の転移モデルが含まれています。

CTPETおよび光学画像化技術により、これらのモデルにおいて薬物反応を迅速かつ非侵襲的で効率よく正確に判定することができます。 特に、ルシフェラーゼ対応細胞株の腫瘍株を用いた生物発光画像化は、転移性疾患の追跡に非常に効果的な方法です。 当社が使用する転移モデルでは、In vivo 再現性のある成長特性を評価することができ、予防と段階的な治療検査に有効です。

転移モデルを確立するには、以下のような様々な透過モードがあります。

  • 移植された固形腫瘍からの自然転移モデル

  • 心臓内細胞注入

  • 静脈内細胞注入

  • 脾臓内細胞注入

  • 前脛骨移植

当社は、新しい転移モデルを開発しオプティマイゼーションし続けます。

ナチュラルキラー細胞と新しい非放射性アッセイのアプローチの力を理解する