患者由来の異種移植(PDX)モデル

ここ数年において、患者由来の異種移植(PDX)モデルの使用が増加傾向にあります。前臨床オンコロジー研究は、臨床オンコロジー環境とより密接に関わり、また、臨床転帰をより正確に予測することを目的とします。そのため、移転性を最適化するためには PDX モデルの使用が必要不可欠とされた時もありました。

コーヴァンスでは、脳、乳房、肺、膵臓の PDX モデルを使用し、必要に応じて PET 画像診断と CT 画像診断を行うことにより、同所性移植における腫瘍増殖の検証と、一部標準治療薬の In vivo 評価を実施しています。

さまざまな PDX プロバイダーと提携して PDX モデル試験を行ううえで、従来の薬理学に関する専門知識が、In vivo イメージングおよび焦点放射線関連サービスに活かされています。コーヴァンスは、現在提供されているツールの中でも臨床的に最も関連性が高く、予測に役立つ一連のがん創薬ツールをお客様にお届けすることを目標としています。