皮下モデル

皮下(SC)腫瘍モデルは何年もの間、がん創薬において重要な役割を担ってきました。このようなモデルの使用は、創薬の一連の工程において大変重要なステップです。 標的阻害および時間経過にともなう標的の十分な阻害を確保するため、SC 腫瘍モデルを使用した In vivo 研究が薬力学のアッセイに組み込まれています。

また、標的阻害と抗腫瘍活性の相関関係は、リードオプティマイゼーションや IND 申請に対応した試験の開始において、重要なデータセットとして使用される場合が多々あります。SC 腫瘍モデルは、幅広い試薬の感度のスクリーニングや、用量反応評価、投与スケジュールの決定に使用されており、ほかにもさまざまな用途に使用できる可能性があります。

コーヴァンスは現在、薬剤耐性モデルや特殊モデルを含め 450 種以上の同系腫瘍やヒト腫瘍の異種移植モデルを提供しており、同時に新しいモデルの検証も継続して行っています。コーヴァンスの SC 腫瘍モデルでは腫瘍増殖の評価にキャリパーを使用していますが、他のイメージング手法と組み合わせて機能的エンドポイントと機構的エンドポイントの試験を行うことも可能です。

当社の皮下腫瘍モデルは、下記を含む 30 種類以上の組織型に対応しています。

  • 胸部

  • 結腸

  • 白血病

  • 肝臓

  • リンパ腫

  • 黒色腫

  • 骨髄腫

  • 卵巣

  • 膵臓

  • 前立腺

  • 腎臓