マウスにおける A20 マウス B 細胞リンパ腫の全身および皮下のモデリング:比較評価

著者:

Sheri R. Barnes、Sumithra Urs、David Draper、Scott Wise、Maryland Rosenfeld Franklin

年:

2019

AACR 年次総会

 

概要および背景

  • オンコロジーにおいて免疫系を標的とする分子を開発する動向があり、信頼性が高く良好に特徴付けられた前臨床モデルが必要とされています。
  • 皮下移植と比較して臨床でより優れた移転性が期待される同所モデリングは、前臨床開発でますます採用されるようになってきています。
  • 前臨床オンコロジー医薬品開発における A20 の皮下および同所モデリングの有用性をさらに理解するため、当社はルシフェラーゼ対応 A20 マウス B 細胞リンパ腫細胞株(A20-luc)を開発しました。
  • 皮下疾患と全身性疾患の両方におけるチェックポイント阻害薬および共刺激作動薬の抗腫瘍反応が評価されました。
  • A20 皮下腫瘍におけるリンパ細胞および骨髄細胞のサブセットの浸潤性が評価されました。この免疫組成に関する知識は、合理的な単剤療法と併用療法戦略を導くのに役立つ可能性があります。