オンコロジーモデルと技術のスポットライト

コーヴァンスのサイエンティストによる前臨床腫瘍モデルとこれらのスポットライトにおける技術について、詳細な分析をご覧ください。

A20:マウスにおける B 細胞リンパ腫のモデリング

研究者らは、リンパ腫をより効率的に治療するため、前臨床マウスモデルを使用し、放射線治療や化学療法といった従来の治療法と、免疫調節薬を組み合わせた方法を採用しようとしています。コーヴァンスは、Immuno-Oncology の応用を後押しするため、同系の A20 腫瘍モデルおよび B 細胞リンパ腫を開発しました。
詳細

A549 - 非小細胞肺癌のモデル

現在、多数のヒト非小細胞肺癌細胞株が存在し、基礎研究および創薬の両方に利用されています。一般的に利用される細胞株のひとつに A549 があります。これは、58 歳の男性患者から入手した上皮性腫瘍であり、KRAS 変異および EGFR 野生型として知られています。

詳細

CT26:マウス結腸癌

前臨床において、マウス CT26 結腸癌細胞株は土台となるモデルとなっており、免疫チェックポイント抑制抗体との複合薬の可能性を評価するために使用されてきました。これは高い免疫抗原性を持つ腫瘍であり、数多くの市販されているチェックポイント抑制物質の数値と同等の客観的奏効率を示す傾向があります。コーヴァンスでは、9か月にわたり、このモデルの実験を何度も繰り返し、さらに定期的な研究を行ってきました。

詳細

E0771 同系乳癌モデル

この Tech Spotlight では、当社の初期成長と、E0771 モデルの有効性研究から得た注目のデータを紹介します。これらのデータは、E0771 細胞株の immuno-oncology 薬剤および放射線治療への反応を概説し、合理的な併用治療研究の計画を可能にします。

詳細

ID8:卵巣癌免疫療法の試験用同系マウスモデル

ID8-Luc は、同所性卵巣癌の治療を目的に開発された新しい同種マウスモデルです。卵巣癌は、かなり進行の進んだステージ 4 と診断された患者の 5 年の生存率が 17% であり、医療発達の重大な必要性を残しています。

詳細


腫瘍浸潤 T 細胞免疫表現型に関する詳察

この Tech Spotlight では、新しく拡張された CompT™パネルを使用して作成されたデータを提示することで、後者のサービスについて紹介します。CompT™パネルは、どのコーヴァンスのサービスよりも高いレベルで T 細胞活性化および分化のフロー解析を行う 16 色パネルです。
詳細

フローサイトメトリーによる絶対計数 - 免疫表現型データ解釈の精度を最大化する

この Tech Spotlight では、絶対計数の原理と、腫瘍の免疫表現型解析と組み合わせて使用した場合にこのサービスが提供する利点を紹介します。
詳細

新しい CompDC™ パネルを使用したフローサイトメトリーによる包括的な樹状細胞解析

マウス前臨床モデルにおける、強固で包括的な DC 免疫表現型検査の高まるニーズに応えるため、コーヴァンスは新たな基準のパネル、CompDC™ を作成しました。この Tech Spotlight では、このパネルを用いて、腫瘍内の複数の DC サブセットおよびその他の組織由来細胞サンプルを分析する方法を紹介します。
詳細

タンパク質の発現、共発現、空間的関係のパターンを確立するためのマルチプレックス IHC

マルチプレックス免疫組織化学(IHC)は、単一抗原染色の基本概念を利用して複数のマーカーを一度に検出するアッセイです。これによりペルオキシダーゼ、アルカリホスファターゼ、およびその他の共役一次抗体もしくは二次抗体のラベル付けが可能になり、間接もしくは直接染色法を含む、複数の一般的な方法を使用して達成することができます。
詳細

リンフローサイトメトリーを用いた固形腫瘍のリン酸化タンパク質の検知

この記事では、リンフローサイトメトリーを用いて固形腫瘍のリンタンパク質を検出する方法を紹介します。また、カボザンチニブが誘発する、腫瘍内の PI3K/AKT および JAK-STAT シグナル阻害と、宿主免疫細胞の比較分析を論評します。
詳細

全スポットライト >