ID8:卵巣癌免疫療法の試験用同系マウスモデル

ID8-Luc は、同所性卵巣癌の治療を目的に開発された新しい同種マウスモデルです。卵巣癌は、かなり進行の進んだステージ 4 と診断された患者の 5 年の生存率が 17% であり、医療発達の重大な必要性を残しています。

執筆者:

Dylan Daniel 博士 - サイエンティフィック・ディベロップメント部門ディレクター

日付:

2017年11月

卵巣癌は、未だ医療ニーズの満たされていない領域であり、かなり進行した状態で見つかることが多いことから致死的な疾患となっています。米国では2017年に約 22,440 人の女性が新たに卵巣癌と診断され、死者は 14,080 人になると推定されています。米国における標準治療は、プラチナとタキサン系抗有糸分裂剤を併用した化学療法ですが、こうした治療は通常、最初はうまくいくものの、やがて再発が生じ病勢が進行します。したがって、卵巣癌の新しい治療アプローチが求められているわけです。

最近は、その他の癌を治療するための免疫系強化の取り組みが成功していることから、卵巣癌でも免疫療法の創薬の試みが行われるようになりました。現在、免疫療法の治療薬とその併用を検証する治験が 50 件以上進行しています。しかし、前臨床薬理試験に使用できる同系マウス卵巣癌モデルの数が限られているのも事実です。そこでコーヴァンスは、標準的な治療法と Immuno-Oncology 領域の試験に用いることのできる ID8 同系マウス細胞株を開発しました。ID8 は、C57BL/6 マウス卵巣癌の表面上皮細胞を In vitro で連続継代して形質転換させたもので 1、 ID8 細胞(ID8-Luc-mCherry-Puro)にルシフェラーゼを発現させており、同所性(腹腔内)移植したあと腫瘍の増殖を生物発光イメージング(BLI)でモニタリングできるようになっています。

図 1A と図 1B はそれぞれ ID8-Luc-mCh-Puro の腫瘍増殖動態を BLI でモニタリングした時の全体平均とグループ別のデータです。細胞を C57BL/6 アルビノマウス 1 匹あたり 5.0×106 個移植したグループと 1.0×107 個移植したグループとでは、後者でより一貫した増殖が認められました。シグナル(光子数 / 秒)は予想通り、腫瘍細胞の発光を吸収する皮膚のメラニン色素が欠乏している C57BL/6 アビルノマウス(緑色の線、図 1B 、グループ 2)が野生型 C57BL/6 マウス(赤い線、図 1B)よりも高くなっていました。図 1C は、ID8-Luc-mCh-Puro 同所モデルの病勢の進行を捉えた典型的な BLI 画像です。

図 1A:全身を BLI でモニタリングした時に観察された腹腔内 ID8-luc-mCh-puro 卵巣癌の進行
図 1A:全身を BLI でモニタリングした時に観察された腹腔内 ID8-luc-mCh-puro 卵巣癌の進行

図 1B - ID8-Luc-mCh-Puro の腫瘍増殖動態
図 1B - ID8-Luc-mCh-Puro の腫瘍増殖動態

図 1C:ID8-luc-mCh-Puro を C57BL/6 アルビノマウスに移植(細胞数 1.0×107 個 / 1 匹)した後の卵巣癌進行を捉えた典型的 BLI 画像
図 1C:ID8-luc-mCh-Puro を C57BL/6 アルビノマウスに移植(細胞数 1.0×107 個 / 1 匹)した後の卵巣癌進行を捉えた典型的 BLI 画像

試験中、ID8-Luc-mCh-Puro 細胞を移植したマウスの体重は増加し(図 2)、減少については一部で終盤にのみ見られました。1.0×107 個の細胞を移植した C57BL/6 アルビノマウスでは、腹水の貯留による腹部膨満が現れ、病勢は直線的に進行(図 3)、生存期間は 35〜40 日でした。


図 2:ID8-Luc-MCh-Puro モデルの体重変化(グループごとの平均体重変化を標準誤差とともに表示)
図 2:ID8-Luc-MCh-Puro モデルの体重変化(グループごとの平均体重変化を標準誤差とともに表示)

図 3:同所性 ID8-luc-mCh-Puro 卵巣癌を持つマウスの生存動態
図 3:同所性 ID8-luc-mCh-Puro 卵巣癌を持つマウスの生存動態

またコーヴァンスは、ID8-Luc-mCh-Puro 担癌マウスの腹水を採取し、免疫プロファイリングを行いました。表 1 は、CD45+ 白血球の総数と、CD4+ T 細胞、CD8+ T 細胞、Treg(制御性 T 細胞)、M-MDSC、 G-MDSC、M1 TAM、M2 TAM の数を示したものです。プロファイルは個体間で大きく異なるものの、いずれも CD8+ T 細胞が、好ましい CD8+ T 細胞 / Treg 比でしっかりと浸潤しています。ID8 卵巣癌モデルは、IL-12 を用いた免疫療法にこの「好ましい CD8+ T 細胞 / Treg 比」で反応することが報告されており、このモデルが新しい免疫療法の試験をサポートするものであることが伺えます2。実際、標準治療の反応と免疫療法の反応を分析する各種試験が現在開発段階にあります。

表 1:ID8-Luc-mCh-Puro 卵巣癌マウス腹水中免疫細胞サブセットのフローサイトメトリーによる個体別プロファイリング
表 1:ID8-Luc-mCh-Puro 卵巣癌マウス腹水中免疫細胞サブセットのフローサイトメトリーによる個体別プロファイリング

 

*CD8 / Treg 比は、ゲーティング後の CD8、Treg それぞれの絶対数で決まります。
nd = 未決定

ID8 または当社のその他の同系モデルが、次の Immuno-Oncology 研究にどのように利用できるかをお確かめになるには、コーヴァンスにお問い合わせのうえ、当社のサイエンティストにご相談ください。

注目のモデル | ID8  チェックポイント阻害剤に対する同系卵巣癌モデルの反応 (PDF 版)


ダウンロード

1Robey KF 他. Development of a syngeneic mouse model for events related to ovarian cancer(卵巣癌関連事象のための同系マウスモデルの開発). 発癌. 2000年, Vol. 21: 585-591.

2Janat-Amsbury MM 他, Combination of Local, Non-viral IL12 Gene Therapy and Systemic Paclitaxel Chemotherapy in a Syngeneic ID8 Mouse Model for Human Ovarian Cancer(ヒト卵巣癌同系 ID8 マウスモデルにおける、局所・非ウイルス IL12 遺伝子療法とパクリタキセル全身化学療法の併用). Anticancer Research. 2006年, Vol. 26: 3223-3228.

注:各試験は、AAALAC 認定の施設で所定の動物倫理に従って実施されています。