肺疾患:治験 & 検査

喘息、COPD、嚢胞性線維症、下気道感染症、特発性肺線維症 (IPF)、間質性肺疾患、急性呼吸窮迫症候群など、肺疾患の臨床研究の対象となる患者様を探すのはそう簡単ではありません。でも当社なら、その患者様がすぐに見つかります。 

  • 肺機能検査、集中型の肺活量測定、呼気中一酸化窒素 (FeNO)
  • 高解像度コンピュータ断層撮影 (HRCT)
  • 6 分間歩行テスト (6MWT)、心肺運動負荷試験 (CPET) を含む運動能力測定、
  • バイオマーカーアッセイ、微生物学的分析、細胞診のための採痰および処理
  • 気管支肺胞洗浄 (BAL) 法による気管支鏡検査
  • 患者報告アウトカム(ePRO / 日記)およびアンケート
呼吸器および肺疾患の治験

治験

当社は . . . 
  • 過去5年間で、喘息 90 例、COPD 65 例 、CF 20 例 、IPF 20 例を超える治験を含む 550 例の免疫介在性炎症性疾患(IMID)治験をサポートしています。
  • 2004 年以降、1 例以上の IPF 治験を管理しています。
  • 小児患者に関する 165 件以上の研究に参加し、これは米国全体の小児治験の約 20% に相当します。

ラボ試験

  • 喘息では 90 例COPD では 65 例を超える治験実施計画書
  • 患者の対象国:米国、イギリス、ポーランド、ドイツ、中国、ニュージーランド、日本、ロシア、ベルギー、ウクライナ。 
  • 現在までに、50 か国を超える国の 6,000 か所を超える治験実施施設で、80,000 人を超える患者を対象に試験を完了させています。 
  • 当社のインフォグラフィックをダウンロード 

• • 計 175,000 名以上の治験責任医師および分担医師 • 計 793,000 名以上の医師 • 計 150 億件以上のラボ試験結果 • 計 16,000 以上のプロトコル

世界の治験データの 40% 以上を常に網羅した臨床ナレッジベース 

  • パートナー施設を通じて、150,000 人を超える喘息/ COPD 患者にアクセス。 
  • Xcellerate®治験デザインの利用で、リクルート成功率の高い経験豊富な施設の特定が可能
  • 専門的な炎症性バイオマーカー分析(好酸球陽イオンタンパク質、ペリオスチンなど)を利用
集団で立っている人々の写真
  • 世界中の 3,000 人を超える喘息の治験医師2,500 人を超える COPD の治験医師にアクセス
  • 当社の治験医師パフォーマンスデータベースを使用して、最高ランクの治験責任医師および分担医師を選択 
医師たちの画像
  • ​​​​​​​機器試験、In vitro 診断、治験、吸入投与経路を提供する単一組織とのパートナー提携。 
  • グローバルな専任の吸入チームおよび施設との協力作業。 
会話する医師と患者様の写真
  • データ変動の少ない集中型客観的エンドポイント分析
  • 適切な機器を完備。機器の使用方法、データの収集 ・取り扱い・解釈について研究に特化したトレーニングを提供。
肺の X 線写真
  • 機器の特許(例、吸入器)と医薬品の特許との違いを理解 
  • 呼吸器疾患と肺疾患で苦闘している患者様に対して効果的な償還戦略と患者フォローアップを使用
棒グラフの写真
  • 小児プロトコルのデザインおよび実施における専門知識
  • 優秀な小児科医の特定およびサポート
  • 小児研究計画を作成、開発プロセス初期段階で規制当局とやりとり
  • 患者様の声や視点をもとに患者様の課題を理解し、治験デザインに反映
  • 患者様と家族のニーズに応える施設のインフラ
子どもを診察する医師の写真