ブログ ヘッダー画像

2021年:治験のあり方一新する 3 つの技術革新

Leveraging science and technology for global impact  COVID-19 has spurred disruptive innovation in healthcare and drug development, and we can apply these advances to 2021 and beyond. Our industry's response to the pandemic has demonstrated our ability to integrate massive amounts of data globally and use technology to apply this …

T 細胞

医薬品開発の過程での免疫毒性評価:ウェビナーハイライト

免疫毒性評価は医薬品開発のパイプラインで大きな役割を果たしますが、特に高分子やバイオロジックスの分野においてはなおさらです。初期の医薬品開発では、研究のエンドポイントに対応するさまざまな免疫アッセイ法を使用することができます。それによって化合物の有効性と安全性をより明確に把握する...

COVID-19 を念頭に置いて将来を見据えた特発性肺線維症(IPF)研究

COVID-19 のパンデミックによって多くの治験に影響が出たことから、スポンサーはリスクを抑えて参加者を安全に保つ方策を速やかに見直さなければならなくなりました。なかでも特発性肺線維症(IPF)の治験は、慢性肺疾患を抱える患者様が SARS-CoV-2 に感染した場合に合併症を起こす可能性が高いことが懸念されたため、継続は特に困難...

上へと続く階段

効力アッセイ 101:CMC 関連効力アッセイ eブックの開発方法

一般的な生物製剤の相対効力アッセイは通常、放出と安定性という点において最も複雑です。相対効力アッセイ法はできるだけシンプルにデザインする必要があるものの、分子の妥当な生物学的特性を示す作用機序(MOA)を反映しなければならず...

2021-2-12 12-34-14 PM

分散型治験(DCT)月刊ブログ - 2021年1月

2021年1月版ラボコープ傘下コーヴァンスの DCT ブログをご覧いただき、ありがとうございます。この先にあるものとは?激動の2020年、業界全体における分散型治験(DCT)への理解が、「期待できるが試験的な要素が多い」から「業界の新しい常識」へと移行し…

チーム

集中的な多発性骨髄腫サービスを世界規模で提供

多発性骨髄腫の治験が増加の一途をたどるなか、一般的に生存期間が 5 年と言われる患者様に恩恵をもたらすため、さらなる検査が検証されつつあります。この動きは、検査手順とデータ分析の結果のばらつきを抑える戦略を推進しています。このほどコーヴァンスの多発性骨髄腫専門チームに...

多発性骨髄腫

CRO の視点:多発性骨髄腫の治験におけるイノベーションの推進、一貫性・信頼性の向上

治療の選択肢は増えたにも関わらず、多発性骨髄腫の発症率は1990年以降増加しています。この複雑な疾患の医薬品開発においては、技術と専門知識を組み合わせた独自のアプローチが必要です。この短編ブログシリーズでは、多発性骨髄腫の検査に加え、ばらつきを低減させて臨床試験データの品質を向上させる技術、イノベーションを取り上げ...

食品

欧州総合食品法(透明性規則)における変更が意味するもの

改訂された EU の GFL(規則(CE)2019/1381)が、2021年3月27日より発効します。透明性規則とも呼ばれる今回の改訂により、研究の通知や IUCLID を利用した関係書類の提出、すべての研究報告の公開など、少し例を挙げるだけでも様々な変更点がありました。これらの変更について詳しく…

時間

医薬品開発のスケジュールを加速 - オンコロジーにおける治験デザインアプローチの進化

参考になる情報が満載のこのウェビナーでは、3 人の専門家 - Sarah Blagden 博士(オックスフォード大学腫瘍内科准教授)、Maria Prendes(コーヴァンス、バイオマーカーソリューションセンター、オンコロジー担当責任者)、Kamal Saini(コーヴァンス、オンコロジー担当シニア医療ディレクター)- が、この非常に関連性の高いトピックについて議論を …

DCT

分散型治験(DCT)月刊ブログ - 2020年12月

12月のコーヴァンス DCT ブログをご覧いただき、ありがとうございます。2020年の最後となる今回は、今年一年のさまざまな出来事を振り返ってみたいと思います。今年の初め、当社は患者様中心の治験デザインにおける過去の成功例をもとにしたプランを用意していました。また、顧客への働きかけやイベントに関するプランも …