細胞・遺伝子治療

ATMP のための効力アッセイ:市販化に至るまでの様々な課題の克服

効力アッセイによって得られる有効性評価は、先進治療・医薬品または ATMP(細胞および遺伝子治療)が重要な臨床段階を乗り越え、最終的な製造承認までたどり着くために不可欠です。しかし、ATMP の有効性評価は難しく、これらの…

COVID 試験

Meet Me in 5:部門の壁を越えたチームが記録的なスピードで COVID-19 の試験を実施

従業員に高い目標を与え、優れた潜在能力を引き出すコーヴァンス。この「Meet Me in 5」シリーズでは 5 つの人物紹介 / トピック / 課題を通して、その優れた人材育成についてご説明します。COVID-19 の感染拡大を防ぐには、日々の積み重ねが大切です。そこで、ラボコープの医薬品開発部門であるコーヴァンスは…

In vivo 呼吸器モデル

In vivo 呼吸器モデル試験を最適化

In vivo 呼吸器疾患モデルは、ヒトの呼吸器疾患治療を標的とする潜在的医薬品の識別において、貴重な役割を果たしています。呼吸器疾患としては肺線維症や新たに発生した COVID-19 などがよく知られていますが、これらの疾患については効果の高い治療法が限られています。そこで、In vivo 疾患モデルが有望な新しい治療法のスクリーニングに役立ちます。この …

Women in Leadership ラボコープ

素晴らしい「モザイク」:ラボコープの Women in Leadership 支援

今から 100 年前、米国で女性の参政権が認められ、世界中で女性の権利に関する活動が広がるなか、女性の権利活動家として知られる Alice Paul はこのように述べました:「私は常々、この運動はある意味モザイクのようなものだと感じています。一人ひとりが小さな一つの石をはめ込み、…

ブログ 患者様インテリジェンス

COVID-19 パンデミック下における臨床研究の監督:レポーティングに関する 5 つの教訓

治験のスポンサーは、研究の状況や各種試験を常にモニタリングできなければなりません。  危機の際には状況が急速に変化するため、標準的なレポーティングツールが見合わなくなったり古くなったりしてそれが難しくなりがちです。Xcellerate® テクノロジースイートは…

covancecrop1

LC-MS/MS で OECD 456 H295R ステロイド産生アッセイを最適化 〜 高精度で選択的な検出を可能に

In vitro ステロイド産生のエンドポイント評価は、農作物保護製品の内分泌攪乱物質(ED)となりうる物質を見極めるうえで重要な初期のステップです。今では世界の規制機関の多くが登録・承認申請の過程でこの情報を求めています。たとえば、EU の農薬とバイオサイドに関する改訂版の指令でも...

綿棒を持った看護師

分散型治験(DTC)を探る - 新しい月次更新ブログシリーズ

コーヴァンスの分散型治験(DTC)月刊ブログへようこそ。  医薬品開発業界で患者様中心の治験デザインが主流となりつつあることから、月刊のブログシリーズを始めることになりました。最近の出来事を毎月振り返り、そこから得られる洞察を通して、予期せぬ事態に強い治験デザインのほか、研究およびデータの...

DCT ブログ記事

分散型治験(DCT、ハイブリッドおよび仮想試験)におけるベンダー管理の問題を理解する

参加者登録の迅速化や、患者様の負担軽減、被験者維持率向上などのメリットがあると言われている分散型治験(DCT)。ただ、従来の治験モデルに仮想要素を取り入れるためには、テクノロジーやプラットフォームのほか、施設なしで活動することについての明確なビジョンが必要です。しかし...

急性呼吸窮迫症候群(ARDS)In vivo モデルを使用したコロナウイルスによる炎症治療のスクリーニング

COVID-19 のパンデミックに対応するためには、ワクチン接種を通してコロナウイルスへの感染を防止し、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)などの重篤な臨床症状を治療によってなくさなければなりません。しかし、見込みのある治療薬の In vitro スクリーニング法を確立させるのは困難です。それは、利用できる適切な研究モデルが限られていることや、レベル 3 での前臨床試験が求められること...