生物製剤やナノマテリアルの in vivo 生体内分布と動態の定量化

非侵襲性、3 次元、経時的、および定量的データを提供する機能により、PET、SPECT、蛍光イメージング(FMT)で次の画像の解析が可能になります:

  • 生体内分布
  • ターゲティング
  • 動態
  • クリアランス経路

現在では、In vivo における生体内分布イメージングの応用は、発見のためのスクリーニング、リード候補の選択/オプティマイゼーションおよび安全性を目的としたバイオロジックスの特性評価のために重要なアッセイのなっています。 コーヴァンスでは、高感度の PET、SPECT、蛍光検出と、MRI および CT を用いた特異性の高い解剖学上の特性評価を組み合わせています。  また、当社は最先端の機器、ソフトウェア、疾患モデルを組み合わせ、少数の動物を使用した、迅速かつ意思決定を可能にする研究を推進しています。

お客様の化合物の生体内分布イメージングについて、コーヴァンスのサイエンティストにご相談ください。

おすすめの記事…

人気の記事…