ファイル
コーヴァンスブログ - 医薬品開発におけるイノベーションの共有
    公開
     
      • Meet Me in 5:中国で従業員数が 1,000 名に


        投稿者:
        公開: 2019年1月08日 12:28 PM

        従業員にやりがいのある目標を与え、優れた潜在能力を引き出すコーヴァンス。この 「Meet Me in 5」シリーズではその優れた人材育成について、5 人の人物紹介、トピック、質問などを通じて説明します。

        今回の記事で紹介する Honggang Bi 博士は、コーヴァンス中国のコーポレートバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーです。自身のキャリアの歩みのほか、最近コーヴァンス中国で従業員が 1,000 名に達したことなどについて語ってくれました。​​​​​​​

         

        1. 患者様の役に立ちたいという思い

        「私はいつも人助けがしたい、患者様の役に立つことをしたいと思っていました」と Honggang Bi 博士は話します。「大学で薬物の代謝と化学を学んでいたときは、すぐに医薬品開発のプロセスに惹かれました。最終的に医薬品になる化合物を作り出すというのは素晴らしいプロセスです。人々の暮らしや健康を改善する治療法や薬を開発するんですから、気分は最高です」

         

        2. 自分自身の枠を広げる

        キャリアをスタートさせた頃、Honggang は複数の製薬企業に勤務し、化合物の研究が徐々に進展していく様子を目の当たりにしました。しかし、力を発揮できるプログラムの少なさに限界を感じたと言います。

        「当時勤めていた製薬会社ではたいてい 5 〜 10 のプログラムを担当していましたが、治療領域がひとつに限定されていることが多かったんです。私はもっと幅の広い専門領域を対象にして、大きなスケールで貢献がしたいと思っていました」と彼は話します。「その点、コーヴァンスではたくさんのプログラムに関わることができ、多くの患者様の役に立てているという充実感があります」

         

        3. 中国のグローバル治験を加速

        Honggang が中国チームに加わったのは2007年、コーヴァンスが中国に進出してから 9 年後のことです。以来、彼は中国の医薬品開発業界における数々の変化を見届けてきました。

        「国家薬品監督管理局 (NMPA: National Medical Products Administration、旧称 CFDA) が医薬品開発の承認プロセスを迅速化してから、チームでは治験の品質を向上させてプロセスと手順を合理化してきました。今年前半には中国で Immuno-Oncology の医薬品主要 2 品目が承認を受けています。それも米国のわずか数年後というスピードで、以前なら通常 5〜6 年はかかっていました」

        「患者様中心の承認申請プロセスに携わるというのは、やりがいがあります」と Honggang。「規制環境は進化していますので、コーヴァンスの従業員が国内外のバイオテクノロジー企業や製薬会社と関わる機会はこれまで以上に増えています。チームは、お客様のプログラムを前進させるのはもちろん、お客様が中国市場の急成長についていけるよう強力なパートナーとなってお手伝いをします」

         

        4. 変化を起こすのは「人」

        中国のコーヴァンスで従業員が増加し、その数が最近 1,000 名に達したことを受けて、Honggang は、優秀で熱意を持ったチームと連携することの大切さを実感したと言います。

        「私は、変化を起こすのは人だと思っています。コーヴァンスには非常にやる気のある人材と素晴らしいチームが揃っており、彼らが私たちの成長の原動力となって、画期的な科学的貢献をしてくれています。特にキャリア開発プログラムはチームの成功の一大要因でしょう。私たちはキャリア成長の道をはっきりと示してきました。ここに 11 年間いますが、人が組織のなかで成長していくのを見るのはうれしい限りです」

         

        5. 学んで成長するという社風

        Honggang はまた、コーヴァンスの企業風土は従業員のキャリア目標の実現のみならず、個人的な成長をも促していると考えています。

        「私はコーヴァンスを『学ぶ組織』、いわば新しいアイデアを模索してアプローチを改善していく組織だと捉えています。従業員も互いに助け合って創造力を活かせるよう奨励されています。新しいアイデアは部門内に留まりません。異なる事業部門全体でメンバーがこぞってアイデアを共有し、知識を広げていくという仕組みです」

        中国の従業員が 1,000 名に達したことで、Honggang はコーヴァンスが本格稼働体制に入ったと見ています。

        「当社のビジネスは急速に拡大しています。来年は上海チームが新しく Aland Center という大型施設に移転する予定で、メンバーの大半がひとつ屋根の下に集ってさらに強力な連携ができるようになります。事業の成長や、Immuno-Oncology、細胞療法、ワクチン、希少疾患、プレシジョンメディシンといった領域の最先端の治療法開発に関わってることを考慮して、優秀な人材をもっと確保したいですね」

        「今は、革新的な新薬を患者様にいち早くお届けして、治療の幅を広げることに専念するべきエキサイティングな時期です」

        コーヴァンスの採用情報については careers.covance.com をご覧ください。

      カテゴリ: 採用情報 タグ: careers by をブックマーク 固定リンク