生物分析における各種分析方法

必要なものがいつでも利用できる確実な環境。

Abacavir / Darunavir / Etravirine / Lamivudine / Nevirapine / Saquinavir / Stavudine / Zidovudine – combo method

アンプレナビル

Amprenavir / Ritonavir – combo method

Azithromycin

エムトリシタビン

Emtricitabine / Tenofovir – combo method

Lopinavir / Ritonavir – combo method

Proprietary methods approved for use in COVID-19 trials:
Hydroxychloroquine
 

マラビロク

ラルテグラビル

リバビリン

リルピビリン

リトナビル

テノホビル
 

 





当社では、前臨床研究から臨床開発まで、お客様が予定通りに精度の高い結果を出し、プログラムを進展させていく一連のプロセスのあらゆる段階において支援していきます。当社の非独自仕様の試験法、GLP は、貴社プログラムの要件を満たすために、FDA クリスタルシティおよび現行の規制ガイドラインに沿って開発されました。コーヴァンスはお客様のパートナーとして、科学専門チームと最先端技術を提供し、貴社の DDI、併用薬、ジェネリック医薬品研究をサポートしていきます。

当社ではお客様の利便性を考え、非独自仕様のバイオ分析法を 2 つのカテゴリーに分類しました。この 2 つのカテゴリー、単一検体法および複数検体法は、下のスクロール可能なリストからご覧になれます。

単一検体法

検体

マトリックス

LLOQ -
ULOQ

一定分量

抗凝血剤

温度

ステータス

複数検体法

検体

マトリックス

LLOQ -
ULOQ

一定分量

抗凝血剤

温度

ステータス

COVID-19