カスタム抗体試薬

コーヴァンスでは、さまざまな宿主動物の広範な抗原タイプを対象に抗体試薬を作成する、エンドツーエンドのサービスを提供しています。コーヴァンスは 50 年近くにわたってサービスとノウハウを改良しながらお客様の抗体開発プロセス全体の管理をお手伝いしてきました。

見積りの請求

ポリクローナル / モノクローナル抗体作製

抗体の精製、標識、特性化

ハイブリドーマの作製、特性化、Non-GLP アッセイのスケールアップの可否判定、サンプル分析

カスタム抗体

どの研究をとっても同じものはひとつとしてありません。だからこそお客様には、具体的なニーズに合わせてデザインした各種サービスをパッケージとしてお届けてしています。

他の非臨床研究を進めながらでも、さまざまなカスタムツールと重要抗体試薬開発サービスをご利用いただけます。当社は、地域ソリューションとグローバルソリューションを通じて、以下を提供しています。

  • 献身的で、分子 / 低分子開発の支援経験の豊富なチーム
  • 高分子研究の分野で効率性、選択性、ロバスト性を実現する、LC-MS による生物学的治療分析の専門知識
  • 高品質な結果が効率的に得られる Gyros™、MSD、ELISA、AB Sciex, Hamilton Star®、Bio-Plex® などの革新的技術機器
  • 創薬期と安全性評価時の規制対象 / 規制対象外非臨床データを支える統合型バイオ分析ソリューション


ツール抗体試薬

ツール抗体試薬生成は抗体生成の標準サービスです。ツール抗体試薬は、基本的研究 / 学術的研究や探索的創薬研究で標的の特性評価に使用します。​​​​​​​ このサービスでは、数ミリグラムから大量に至るまでのモノクローナル / ポリクローナル抗体を生成します。



重要な抗体試薬

重要な抗体試薬とは、規制対象となる医薬品開発で使用するもので、ポリクローナル / モノクローナル抗薬物抗体、抗イディオタイプ抗体、抗宿主細胞タンパク質抗体があります。生成の際は、文書での広範囲にわたる検証と、所定の枠を超えた特性評価を行い、多くの場合、製品のライフサイクルが続く間維持できるよう比較的多い量を生成します。
 

  • ポリクローナル抗体

    ペプチド合成、抗体生成、結合、精製、標識、特性評価などの各種カスタム抗体サービスが揃っています。ポリクローナル抗体の生成の流れは、免疫の付与、免疫応答のモニタリング、抗原特異的アフィニティー精製という 3 段階形式を取ります。各段階はカスタマイズ可能で、お客様と協力しながら血清量と抗体価を最大化させる最適な生成スケジュールを立てます。

  • モノクローナル抗体

    さまざまなげっ歯類細胞株を用いた生成サービスを幅広くご用意しています。In vivo または In vitro の生成方法が選べるようになっており、ニーズに合わせてその方法を調整して少量または 大量の生成を行います。

  • 抗イディオタイプ抗体

    カスタム抗イディオタイプ抗体開発をリードするプロバイダーとして、当社のチームは、次のような独自の科学的専門知識をお客様の抗イディオタイプ抗体開発プロジェクトに投入します。​​​​​​​

    • 生物学的治療、高分子
    • 完全長抗体 / 短縮型抗体
    • フラグメント抗体 - F(ab')2、Fab、一本鎖抗体

    当社との提携によって、PK/TK 試験用捕捉試薬調製、中和アッセイの陽性対照、抗原画像化における当社の豊富なノウハウをお役立ていただけます。

  • ハイブリドーマ

    さまざまな抗体を産生させるためのハイブリドーマが生成可能です。当社が開発した細胞株はすべてお客様の独占的財産となります。4 つのハイブリドーマ開発段階(免疫付与、融合・スクリーニング、サブクローニング、クローン安定化)はすべてカスタマイズすることができます。

     豊富な in  vitro/vivo スケールアップサービスにより、あらゆる規模のプロジェクトに対応。より幅広い免疫サービスをご利用いただけます。細胞株の増殖拡大、PBMC の単離、アイソタイピング、マイコプラズマ試験などがこれに含まれます。

  • 抗宿主細胞タンパク質抗体(抗 HCP)

    組換えタンパク質調製物内に宿主細胞タンパク質が存在すると製品の安全性と品質が損なわれる可能性があるため、汚染のレベルは可能な限り低く抑えることが大切です。​​​​​​​  

    抗 HCP 抗体の開発は、捕捉・検出のための In vivo アッセイの過程と、精製・特性化・結合のための In vitro アッセイの過程で構成されています。最初の過程は、当社の複数動物種の豊富な経験に支えられており、個別の要件に合わせて最適なモデルが選択できる一方、 後半の過程では、専用の免疫化学ラボ、さまざまなカスタマイズ可能なオプションを提供します。

    当社は、抗 HCP アッセイのためのカスタム試薬と試験法の開発を通して、あらゆるステップでお客様をお手伝いいたします。

    • カスタム試薬と試験法の開発
    • アッセイ開発 / バリデーション(ELISA)
    • 適格性判定およびバリデーション
    • ルーチン試験
    • アッセイの手法移転
  • 抗薬物抗体(ADA)

    コーヴァンスはカスタム ADA 開発をリードするプロバイダー。そのコーヴァンスをパートナーに持てば、開発プロセスのあらゆる科学的専門知識と合わせて、カスタム試薬開発や関連 ADA サービス(PK、TK、効力アッセイ開発など)の豊富なノウハウをご活用いただけます。

    当社では、主に PK / TK 試験用の陽性対照群と有効性に関するアッセイ用の捕捉試薬の生成を取り扱っており、 プロテイン A / G と抗原特異的精製抗体を提供する専用の免疫化学ラボのほか、交差反応性抗体を枯渇させるためのさまざまなオプションを完備しています。

    目的が分析手法や基質のバリーデーションであれ、薬剤耐性 / アッセイ感度 / 最低必要希釈倍率の評価であれ、充実した ADA サービスの中から必要なものをお選びください。対象となる分子タイプには次のようなものがあります。

    • 生物学的治療、高分子
    • 完全長抗体 / 短縮型抗体
    • ペプチド
    • 各種アジュバント

お問い合わせはこちら

お問い合わせ