In vitro 代謝

In vitroアッセイは、治験薬のサポートに必要なデータパッケージにおいて、不可欠な部分です。医薬品開発の候補を選定するに当たり、またヒト薬物動態の予測と起こりうる薬物間相互作用(DDI)の評価の目的で、被験物質のPKモデルを開発する際にデータが用いられます。

完全に準拠した、DDIのソリューションを取得

ある薬物が薬物間相互作用(DDI)を起こす可能性はIn vitroデータから予測できます。治療的薬品濃度で行うIn vitro研究デザインは被試験物質が潜在的にDDIを引き起こすかを示し、それによって臨床DDI研究を行うべきかどうか、情報を得た上での意思決定ができます。

コーヴァンス薬物代謝は薬物候補の特性、吸収、分布、代謝、排泄(ADME) を定義付けするのに、ロバストな試験システムを確立しています。

In vitro代謝CRO研究

薬物は、薬物代謝酵素(DME)の発現を増やすことがあり、そのような活動は、望まれない臨床結果あるいは薬物毒性に至ります。

被試験物質がDMEの発現、またヒト肝細胞におけるシトクロ ムP450 enzymesの活動を促す潜在性を評価します。   

シトクロムP450 酵素の阻害は薬物間相互作用に至る場合があります。

薬物の抑制可能性を、プールされたヒト肝ミクロソームを使用して確立された、プローブ基質に対する影響を測定することにより評価します。

異種間の肝蔵、腎臓(または内蔵)ミクロソーム、肝細胞あるいは他の、その研究に特化したマトリックスを用いて薬物代謝を評価します。

ヒトPKを予測するために生物種間の特定の化合物の代謝レート比較して評価します。最先端の​​​​​​グローバル質量分析能力で、代謝プロファイリングとアイデンティフィケーションを受け取り、薬物のクリアランス経路をより良く理解することができます。

血漿内で非結合の薬物分率と、血球成分との関係を特定することは、薬物間相互作用のリスクを評価し、PK血液サンプル解析における理想的な分析学的アプローチを決定し、薬物動態モデルを確立するのに重要です。

プログラムをサポートするため、特定の 結合タンパク質および血液細胞分配法を用います。

薬物代謝を担うDMEを特定することが、クリアランス経路に関しての潜在的責任をハイライトしています。

化学阻害剤やヒト遺伝子組み換え酵素などの確立されたツールを使って薬物の代謝における個々のDMEの役割範囲を判定します。

薬品と関連したDDIのポテンシャルを理解するのに、膜薬物トランスポーターは重要な要素です。潜在的な薬物間相互作用は薬物のADME特性に影響を及ぼす可能性があり、臨床的に関連する 薬物間相互作用(DDI)に繋がることもあります。

薬物を背景因子、あるいは薬物トランスポーターの阻害剤として判別することにより、臨床的に関連のある、併用薬物と関連した曝露の変化をよく理解し、予測するためのデータを提供します。 

規制ガイダンスのリソース