モデリング & ファーマコメトリクス

お問い合わせ

ファーマコメトリクスは、薬物動態(PK)や薬物反応(PD)、薬物間相互作用(DDI)の予測精度を高めます。創薬において、こういった分子の特徴の予測は合理的なプログラムの開発につながり、発見から短期間で開発を進めることが可能になります。

さらに、より効率的な研究デザインの確立にも役立ち、時間とコストの節約につながります。ファーマコメトリクスがどのようにお客様の医薬品開発プログラムを次のステージへと導くのか、また、結果を得るために必要なツールの利用についてご案内します。ぜひ当社にお任せください。

各種モデリングサービス

コンパートメント PK コンパートメント PK モデルは通常、非コンパートメント PK モデルよりも複雑であり、実験のパラメータが変更された際にコンパートメント間におけるモデリング分析結果を予測することが可能です。コンパートメント PK は巨大分子と小分子の両方に適しています。 PK / PD モデリング PK / PD モデリングでは、分子の用量強度の経時的変化をよりよく理解するために、 PK および PD 分野における一連の数式を作成します。したがって、PK / PD モデリングは、ADME 特性のより正確な評価、安全マージンの確立および投与量の変化の評価に役立ちます。PK / PD モデリングは、コンパートメント PK 研究のほか、母集団 PK 研究にもよく利用されます。 PBPK モデリング PBPK モデリングは、規制当局が臨床研究デザインに盛り込むことを認めるケースが多く、また、多様な薬剤候補の治療指標を比較する手段としても利用されます。PBPK モデリングでは、モデルの検証に In vitro と In vivo のデータセットが必要になります。 QSP / SP モデリング 薬物動態学の一分野である定量システム薬理学 / システム薬理学(QSP / SP)モデリングでは、前臨床の機構的証拠と生理学的モデルを統合して薬物反応の調査・予測を行います。

ポスター
PBPK モデリングでクロニジンの持続放出型歯列矯正リテーナーを最適化

ウェビナー(録画)
FDA 規制の理解と in vitro および PBPK モデリング技術の応用

ウェビナー(録画)
臨床 DDI 試験を支える PBPK モデリング

お問い合わせはこちら

お問い合わせ