サービス

化学 & 農作物保護製品の試験

製品開発の迅速化に、当社の科学における豊かな経験と専門知識、開発のフルサービス、グローバルな規制に関するサポートをぜひご活用ください。

話題のトピック

ブレグジット

UK-REACH eブック

英国は2020年1月31日をもって正式に EU を離脱し、2020年12月31日までの 11ヵ月にわたるブレグジット後の移行期間に入りました。この移行期間中、英国は引き続き EU の規則や規制に従いますが、規制調整や自由貿易も含め様々な点において、移行期間終了後にどうなるのかは先行きが不透明な状態です。英国と EU は離脱後の貿易協定の交渉に強い意欲を示していますが、協定の実際の内容については不明です。

規制

植物代謝 eブック

世界中の規制当局は、植物保護製品(PPP)の使用後に農作物の内部または表面に残留する物質による人間や動物の健康に対するリスクを最小限に抑えることに関心を寄せています。そのため、規制当局は残留物質は何か、どの程度農作物の内部や表面に残留しているのかを明らかにし、食生活のリスクを評価して許容残留量(MRL)を決定する必要があります。

COVID-19

手指消毒剤ブログ

COVID-19 により、手指消毒剤製品や殺菌剤の需要がこれまでになく伸びています。化学品を扱う企業がこの需要に応えるには、EU による規制を変える必要があります。EU の規制環境がどのように変化してきているのかをご紹介します。

ポリネーター(花粉媒介者)試験

ハチのブログ

作物保護製品担当の規制機関は、送粉者に関するより複雑な試験を義務付けています。そこでコーヴァンスは、英国のハンティンドンに開設されたコーヴァンスの試験養蜂場が研究や周辺の生態系に及ぼす影響について、陸生生態毒性学部門の試験責任者である Michael Ramsey 博士にインタビューしました。

グローバルな規制コンサルティングング & 施設

単一の大規模な長期にわたって規制管理されたプログラムを実施するため、当社は 300 万平方フィートを超える GLP に準拠した AAALAC 認証済みの研究施設をヨーロッパ、アジア、北米に備えています。お客様の製品の可能性を最大限に引き出すために、当社がパートナーとして何ができるかご案内します。

お問い合わせ

洞察の関連付けで製品の試験から市販化までをサポート

80年以上 農作物保護 & 化学関連サービスの経験
680 EU REACH 登録件数
>1,500以上 年間の毒性試験実施数
>300 年間の生態毒性試験実施件数

さまざまなサービスが製品のスピーディな市販化を可能に

ご質問にお答えします

コーヴァンス インサイト

工業用化学品の環境動態研究を成功させるには
工業用化学品の環境動態研究を成功させるには
ブログ
環境動態 (eFate) の研究は、農薬や医薬品の領域で確立されており、工業用化学品では一般的になりつつあります。しかし、それを立ち上げて実施するための重要事項とは一体何なのでしょうか。以下にご説明します。
詳細
活性物質の承認更新手続きを成功させるためのシンプルな手順
活性物質の承認更新手続きを成功させるためのシンプルな手順
ブログ
EU や米国で既存の活性物質の承認を更新するプロセスでは、事前に計画を立て、それを慎重かつ綿密に管理しなければなりません。以下は、植物保護活性物質の承認更新に役立つ実践的なアドバイスです。
詳細
ナノマテリアル:REACH 規制の課題を乗り越えるには
ナノマテリアル:REACH 規制の課題を乗り越えるには
eブック
ナノマテリアルとは、少なくともひとつの次元で 1 〜 100 ナノメートル(nm)の粒子を有する化学物質のこと。ナノマテリアルの特別な点は、物質がナノサイズに縮小されるとその特性が変化することで、この変化には、光学的、電気的、磁気的特性が向上することなども含まれます。
詳細
ネオニコチノイド:科学と規制の複雑な関係
ネオニコチノイド:科学と規制の複雑な関係
eブック
農薬産業の成長はこれまで、急増する世界の人口を養えるだけの十分な食料を生産しなければならないというニーズによって後押しされてきました。20 世紀を見てみると、世界の食料生産量は 2 倍に増加しています。これは同世紀初頭に無機質のリン酸肥料が導入されたことと、1940年代に合成農作物保護製品(CPP)の導入されたのがきっかけです。しかし、合成農薬の使用によって農作物の収穫量は増えたものの、その毒性に対する懸念も浮き彫りになりました。こうした背景から、より効果的で安全な有効成分を作り出して(過去の)問題を克服しようと農薬の開発が進められてきました。この電子ブックでは、農薬のネオニコチノイドについて、その使用の根拠となる科学や、安全面で懸念される理由を説明するとともに、ネオニコチノイドをめぐる世界の規制状況を検証していきます。
詳細

Eメール配信登録受付中

コーヴァンスの最新のニュースを読む

詳細