治験への患者様リクルートソリューション

当社の革新的な患者様リクルート向け臨床インフォマティクスソリューションを使って、より良い結果をもたらす治験参加者を見つけ、リクルートしましょう。

  • 特定の患者集団を探し出し、リクルートするために、データ重視のアプローチを応用

  • 施設選択のオプティマイゼーションを図るために、パフォーマンスの度合いを把握して比較

  • 患者様のリクルートに関する目標を問題なく達成 

ページ-アート-コーヴァンス-業界別-ソリューション-医薬品-開発-患者様-リクルート
お客様のニーズ

患者様の治験へのリクルートは、臨床開発計画全体にかかる時間の 20~60% が割かれ、治験費用の最大 40% を費やす可能性もあることから、依然として大きな課題となっています。そのため、徹底した治験のオプティマイゼーションを図り、コスト削減とスケジュールの厳守を実現するために、豊富な臨床データを活用した当社の合理的で多面的なアプローチは欠かせません。

患者様をリクルートする際、施設の選択は大きな役割を果たします。当社の過去のパフォーマンスデータを活用することで、最初の段階からリクルートしない施設を排除 し、さらに治験責任医師および分担医師のパフォーマンスを比較することができます。当社は 11,000 以上のプロトコルに携わった 175,000 人もの治験責任医師および分担医師を追跡しているため、お客様は知名度のある医師からそれぞれの治験を実施する人物を選択でき、リクルートにかかる時間を短縮できます。 

非特定の患者のテスト結果を 110 億件以上集約したラボコープのデータをご活用ください。特に希少疾患研究で重要となる大変貴重なツール、臨床診断コードを使って、特定の疾患を持つ患者様を探し出すことができます。

医師情報とともに活用すれば、患者密度に適切に対応できる治験責任医師および分担医師を確認でき、さらに試験施設を再検索して、潜在的なチャンスを見つけ出すこともできます。これは当社が、まだ開拓されていない患者密度を活用し、リクルートの可能性を最大限に高めるお手伝いをするもうひとつの方法です。 

コーヴァンスのサービス

当社のセントラルラボに入ってくる 40% 以上の業界治験データをはじめとして、世界最大のデータベースを自由に利用することができます。16000,000,000 人の患者様から得られたラボコープの個人非特定診断データと合わせることで、リクルートできる患者集団に関する新しい知見を得ることができます。

お客様がより正確な治験参加モデルを構築し、確実なターゲット目標を設定して、よりスマートな計画を決定できるよう、当社がお手伝いします。  

お客様が決断したプロトコルには、患者様をリクルートする取り組みを左右する予期せぬ結果が秘められていることがあります。当社が収集した 15,000 件のプロトコルデータを活用すれば、患者様をリクルートする際に対象 / 非対象となる基準がもたらす影響を事前に見極めることができます。

この現場のエビデンスを活用することで、数々のプロトコル候補案を当社データベースに照らし合わせて吟味することができます。選択したプロトコルを「プレッシャーテスト」に通すことで、治験の対象となる患者様が存在し、その患者様を治験へリクルートすることが現実的なものであると、確信が持てるようになります。これが、今日複雑になっていく治験の課題をの乗り越えるカギです。 

患者様支援団体や当社専任のデザインおよびプラニンググループとの強力な関係のほか、治験を実施していくなかで、深く幅広いデータにアクセスできるため、より早く、より信頼性の高い患者様の特定が行えます。過去の治験責任医師および分担医師のパフォーマンスデータ、個人非特定の患者様診断データ、そしてグローバル プロトコル データベースの 3 つのツールを使えば、より早く患者様の参加を促すだけでなく、Clinical Trial Optimization を実現する貴重な見識が生まれます。