治験管理システム (CTMS)

当社の専門家は最新の治験管理システム (CTMS) の認定を受けています。コーヴァンスの開発チームはそうした CTMS ソフトウェアを最大限に活用する方法を熟知しています。

治験に EDC を使用するメリットは、すでにご存知のことでしょう。しかし、適切なプラットフォームでも間違った使い方をすれば、お客様の医薬品開発プロセスの費用がかさむことにもなりかねません。当社の専門家は、最新のあらゆる CTMS プラットフォームの認定を受けています。さらに、開発チームはこれらのシステムを最大限に生かす方法を心得ています。

当社の内部および外部の EDC 専門家は、すべてのフェーズおよび治療領域にわたる長年の経験と数多くの治験を兼ね備えています。同様に、複雑な国際共同治験や小規模のプロジェクトにも精通しています。

最大限の価値を引き出すため、当社の SOP は EDC のベストプラクティスを取り入れるようデザインされています。当社は開発の全段階にわたって、プロジェクトの変化に対応する適度な柔軟性を持ち、シームレスな効率性を提供します。

コーヴァンス CTMS(治験管理システム)のプロジェクトマネージャーが電子データを確認しながらキーボードを操作している場面

治験業務には、複数の施設、異なるタイムゾーンのチームメンバー、そして多数の複雑な書類作成が関わってきます。結果として、あらゆる研究書類の認可、維持、アクセスの管理が重要な問題となります。
 
治験の品質を向上させ、高品質で監査に対応できるデータおよび書類の取得能力を向上させるためには、データの統合を効率化し、研究を効率的に管理して結果を早く出すためのツールと技術を提供できるパートナーが必要となります。
 
電子治験マスターファイル (eTMF) および治験管理システム (CTMS) ソリューションを含む コーヴァンス高度治験実施プラットフォームは、お客様とチームが研究の成果を常に監視し、潜在的な問題を早期に特定します。これにより、適切な人員が適切な時に重要な決断を下すことが可能になります。