セントラルラボ

コーヴァンスのセントラルラボは、他のすべてのセントラルラボを合わせたよりも多くの治験データを作成しています。

質の高いデータを作成するためにまず必要となるのは、プロトコルや来院といったそれぞれの目的に特化した検体採取キットです。適切なキットを用意し、予定通りに治験実施施設へ届けることが重要です。コーヴァンスでは、グローバルなロジスティクスの専門家が配送状況を監視し、検体が保存安定性期間内に配送されるよう保証します。

また、自動化、そして基盤技術と計測プラットフォームの連携により、一貫した結果をスムーズに提供。グローバルなネットワークとセントラルラボのすべてで標準化されたプロセスと手順を使用し、専門的な試験や数多くの安全性試験を実施しています。

治験依頼者や治験実施施設は、Xcellerate ラボスポンサーポータルXcellerate ラボ治験責任医師向けポータルからほぼリアルタイムに試験結果にアクセスし、患者様のケアに役立てることができます。

コーヴァンスのセントラルラボで働くサイエンティスト

試験終了後は、サンプルをコーヴァンスの専用バイオレポジトリに保管しておくことができます。監視体制の整った、安全に保護された各地の施設で、幅広い種類の検体の保管に対応しています。さらに試験を行う必要がある場合は、保管されているサンプルの在庫を検索し、発送を依頼することも可能です。

バイオマーカーに基づいた医薬品開発では、プロトコル全体でデータを把握し、複数の異なるソースから得たデータを組み合わせて使用しなければなりません。コーヴァンスの関連会社である Global Specimen Solutions は、SaaS 型インフォマティクスプラットフォーム「GlobalCODE®」による総合的な検体ライフサイクル管理を提供しています。この独立したサービスは、成文化されたインフォームドコンセントと検体管理を独自に組み合わせたもので、サンプルの採取から破棄まで、重要な情報を可視化することができます。

グローバルネットワークおよびコアサービス

グローバルに統合されたセントラルラボのネットワークと、科学および業務に関する当社の専門家によるサポートを最大限にご活用ください。

 

検体管理

検体の安全性と整合性を、完全冗長電源と全管理過程を通じて監査可能な追跡システムによってサポートされる当社の専用バイオレポジトリで保証。

検体ライフサイクル管理サービス「GlobalCODE®」を使用し、成文化されたインフォームドコンセントと、検体、臨床、およびバイオマーカーのデータとをシームレスに統合して、医薬品開発プログラムをさらに加速させます。 

キットと物流

トップクラスの品質を誇る来院者用検体採取キットをご活用ください。バーコードで管理され、カスタマイズも可能。治験実施施設へ確実にお届けします。また、当社は緊急時対応計画を整備し、世界各地に配置された 50 名以上のロジスティクスのエキスパートのサポートにより、サンプルが予定通り確実に配送されるよう保証しています。

データおよび分析

個別の試験結果の確認、傾向のモニタリング、サンプル配送状況の追跡、施設との連絡内容の確認、キットの注文、バージョン管理されたラボマニュアルへのアクセス。これらすべてを Xcellerate ラボポータルから行います。

GlobalCODE 検体ライフサイクル管理サービスを使用すれば、一つの試験、あるいは複数の試験のデータをまとめて検索し、検体に関する最新のデータを得ることができます。また、サンプルの調整や成文化されたインフォームドコンセント管理の状況も確認できます。患者様の参加を管理して積極的にリスクに対応し、リスクベースモニタリング戦略を導入しましょう。