解剖病理学と組織学サービス

グローバルに一貫した実践方法と高度なアッセイにより、予後、治療法の選択、疾病の監視に関するガイダンスを提供します。 

  • 最大規模かつ最も包括的なオンコロジー遺伝子学メニューへのアクセス

  • 一貫した解釈と、組み合わせ可能なデータ 

  • 最先端科学で治験の個別ニーズをサポート

コーヴァンスで解剖病理学を担当する科学者の写真。
お客様のニーズ

分子経路の研究と、明確に定義された対象患者集団の特性解明には、革新的なソリューションが不可欠となります。オンコロジーの治験において 100 超のアッセイ検証実績をもつ当社は、その幅広い経験を生かして、お客様が治療上の作用機序を理解し、早い時点で意思決定が行えるようお手伝いいたします。 

最先端のテクノロジーと施設だけでは、研究の進展は望めません。新たな有効性を実現するために必要なのは、協力的なパートナーシップです。コーヴァンスでは、実用的かつ組み合わせ可能なデータが提供できるよう多数の主要なオンコロジーセンターや病理研究ラボとグローバルに提携しています。そのため、プロトコルデザインからタイムリーな結果まで、セントラルラボ試験をシームレスに管理することができます。 

研究の成功にはグローバルな整合性が極めて重要ですが、研究はいずれも異なっています。キットのカスタマイズにおける課題、特殊アッセイ、物流、照会ラボの手続きは、ぜひ当社にお任せください。コーヴァンスの柔軟性によって、解剖病理学上のお客様固有のニーズが満たされ、多大な効果がもたらされます。

コーヴァンスのサービス

通常の手順のものから特殊性の高い手法まで、当社は解剖病理学と組織学における幅広い臨床サービスでお客様の試験に関するニーズをサポートします。また、NeoGenomics との提携により、さらに多くのオンコロジーソリューションを活用いただくこともできます。一貫性と検体の完全性を実現するための献身的な取り組みが、お客様に良質の結果をもたらします。