ゲノミクスおよびバイオマーカーアッセイ

お客様の IHC や FISH アッセイのために、コーヴァンスのグローバルな照会ネットワークと社内ラボをご活用ください。迅速に結果を得られるよう、当社はバイオマーカーの総合的メニューをシームレスに提供する米国のいくつかのラボと連携しています。  

ラボコープ・スペシャルティ・テスティング・グループの 1 つである Monogram Biosciences が開発した VeraTag 技術で、アッセイをより有効に活用しましょう。これらのアッセイは、入力サンプルが非常に少ない場合でも、他のサンプル形式とともに、容易に FFPE 細胞サンプルに直接適用することができます。VeraTag 技術では、癌細胞株、異種移植片、または複数のタイプの固形腫瘍など、どのような場合でも、細胞表面レセプターおよび活性タンパク質について精度の高い定量的測定が可能です。 

胸部や GI 病理学、泌尿病理学、皮膚病理学、血液病理の専門分科のエキスパートを含む治験病理学者照会のネットワークにより、お客様の研究に最適な専門家を選定します。または、お客様が指定する病理学者を採用することもできます。いずれにしても、適任の専門家を採用することにより、研究の精度と整合性を確保することができます。

男性のコーヴァンス APH 科学者がバイオマーカーアッセイに取り組む写真。