グローバルネットワークおよびコアサービス

コーヴァンスは、世界に広がるセントラルラボのネットワークで共通のプロセス、手順、計測手段を採用し、あらゆる実験科学分野のアッセイを 700 件以上提供しています。画期的な自動化技術の導入により、高スループットの装置でより多くの試験を実施できるため、必要な検体の量を減らし、試験の一貫性を高めることが可能になります。

自動化学

血清生化学検査、尿化学、尿中薬物スクリーニング、CDC 脂質パネル、特殊脂質試験を含む多くの検体試験をご利用ください。

血液学

当社独自の自動チューブハンドリングおよびグローバル自動化戦略により、多量の検体であっても注文を受けた当日に処理および発送します。血液 CBC 検査、尿検査、ヘモグロビン A1c 試験、PBMC 単離からお選びください。

微生物学

細菌学、マイコバクテリウム学、菌学、寄生虫学、ウイルス学、分子診断をはじめとする当社の完全な試験によるサポートをご活用ください。最先端の DNA に基づいた質量分析による分離菌の同定、16S rRNA 遺伝子配列決定、次世代の配列決定技術をご利用いただけます。また、耐性遺伝子の検出や分離菌の分子特性化を通じて、微生物耐性に関する洞察を得ることができます。

コーヴァンス臨床コアラボの自動化で使用されているバイアルの写真。

専門化学

アッセイ開発、バリデーション、カスタマイゼーションなどに対応した当社の幅広いサポートで、研究独自のエンドポイントを満たすことができます。凝固、電気泳動、比濁法、液体クロマトグラフィー、毒性学、精密測定研究を包括的にサポートするほか、当社は最も困難なニーズに対応する複数のプラットフォームをご用意しています。